2018年5月10日 (木曜日)

っていうか実際それで手一杯

Img_3449
フィアット500の車検 さらに続きです
実際はこればっかり作業してるわけじゃないんですけどね 抜粋してても量が多いです
バッテリー交換 アイドリングストップ対応でCCAがはっきり表示されているものに交換しました
Img_3443
エアフィルター汚れ 新品に交換します
Img_3416
スロットルバタフライの汚れ
Img_3417
ボディーはずしました 裏側も汚れています
Img_3420
しつこい汚れでしたがしっかり清掃
Img_3389
ドライブブーツグリス漏れ
ブーツはまだ大丈夫そうなのでバンドだけ交換します
Img_3397
過去に何度か折れたことのあるここのボルト
イールドスプレーを使うようになってから折れたことありません
結構錆びてましたが今回も折れませんでした
すごいよイールド
Img_3405
カシメ工具のスペースを確保するのに、ドライブシャフトをはずすより、マフラーをはずしたほうが簡単
工具をしっかり当ててきっちりカシメます
Img_3457
エアコンフィルターも真っ黒だったので交換
これで最近買って先月納車されたばかりの中古車だというのだからびっくりします

ちなみに、他店で購入された車や新規のユーザーさんは面談の上ご依頼をお受けしています
オールウェルカムではありませんのであしからず
既存ユーザーさんと、うちから購入していただいた車を優先して作業させてもらってます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 8日 (火曜日)

やってるよ5月

Img_3304a
フィアット500ツインエアー 最近買って乗り始めたばかりだそうです
不具合があるというので、点検と乗り出しメンテナンス あと車検です
オークション会場に用事があったのでついでに試運転
Img_3307
戻って点検始めます バッテリーはCCA表示がないタイプ
というか、そもそもこれはアイドリングストップ対応のバッテリーなのかな?
Img_3323
デュアロジックというか、セミオートマの作動油の汚れ
Img_3343
オイル交換します タンクをはずしました
Img_3346
タンクの中に溜まった汚れ
Img_3348
シャカシャカ振って掃除しました
Img_3352
フィラープラグにアクセスしやすいうちに、ミッションオイルも交換
Img_3374
診断機のデプレッシャー機能を使ってフラッシングします
Img_3384
リターンホースをはずしておいて、タンクに戻ってくるオイルをそのまま排出
タンクには新油を入れます
Img_3382
最後に、オイルレベルと圧力をチェックしておしまい
きれいなオイルは気持ちいいね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 9日 (月曜日)

次から次と

いろいろやってます
Img_2439a
106ラリー エンジンオイル交換
Img_2430
CXは入庫時からガソリン残量警告灯が点いてました
Img_2433
ガソリンを補給して
Img_2506
試運転を兼ねて、先週売れた車の書類を提出しにオークション会場へ
ATオイル漏れは止まったみたいです
Img_2486
部品取りの106S16 出がらし状態ですが、まだ使える部品が残ってるので、生かしてもらえるところへ移動です
さようなら
Img_2443
カングー シフトブーツ破れ
Img_2455
シフトブーツ交換します
Img_2454
社外のシフトブーツへ交換です 合皮から本革へ
擦れにくくなるようにブーツのガイドを少し低く加工しました
Img_2456
シフトノブも交換しました
取り付け完了
Img_2518
減った106もあれば、増える106もあります
ユーザー注文の106S16 陸送で入庫しました これから納車整備と名義変更します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 7日 (土曜日)

日本車用パーツ流用

Img_2399a
追突事故被害にあった代車ザッツ25号車 板金修理から戻ってきました
次の入庫予定があるのですぐに貸し出しです
Img_2402a
入れ替わりでプジョー309が板金屋さんへ リヤスポイラー塗装です
Img_2387
CX 左のロワージョイントブーツ破れ
Img_2391
ジョイントをはずしてブーツ交換
ブーツは国産汎用品です
Img_2396
取り付け
Img_2409
右のデフシールからATオイルが漏れたり、止まったり
また漏れ出すかもしれないのでデフシール交換します
Img_2413
ドライブシャフトを抜いたら錆が出てました テフロンが切れて水が入ったのでしょうか
Oリングとグリスで対策しておきます
Img_2421
シールの劣化というか、硬化がひどい
おまけに作業スペースが狭いので使いたい工具も入らない
はずすのに苦労しました
Img_2424
時間がかかりましたが何とかはずせました
Img_2423
新しいシールに交換します
新しいシールはリップ付き ホンダの純正部品を流用しました
これで止まってくれることを願います

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月20日 (火曜日)

ピカソe-HDi EGS

Img_2027
ピカソe-HDiつづき 追加でEGSの点検
Img_2053
圧力の保持具合を見たり、ポンプの作動するインターバルを測ったり
Img_2063
EGSオイルが汚れているので交換
診断機で圧力を抜きながら、リザーバーに新しいオイルを補充
Img_2065
オイルがきれいになるまで繰り返してエアー抜きと液面の調整
リザーバータンクのMAXラインは、圧力が下がってオイルが戻ってきたときのラインです
入れすぎると、圧力が抜けたときに溢れ出ます
Img_2070
MS908、ワイヤレスなのでこういう作業がしやすいです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月24日 (日曜日)

半年振り

Img_0788a
今年5月から入庫していたプジョー309 何とか年内に作業完了しました
Img_0791
ユーザーさんが引き取りに来て、追加の作業依頼
ヘッドランプのバルブ交換 ハロゲンからLEDに変更します
Img_0792
レベライザーが壊れていてライトがグラグラ スプリング追加の加工も施しました
Img_0794a
カラーはイエローです
この年代のフランス車に青白いランプは個人的にカッコ悪いと思います
Img_0797
もう一つ追加 サンルーフレールのカバーモール
「ここの隙間が広いの何とかなりませんか?」
Img_0799
ツメが割れて固定できなくなっているのと、変形して反り返ってしまっています
ツメが割れたから反り返ったのか、反り返ったから応力でツメが割れたのか…樹脂部品の劣化は避けられない悩みです
Img_0801
内側に当て板を仕込んでリベットで固定してみました
なるべく寄せましたがこれが限界です
Img_0761
サクソも何とか年内に終わらせたいところですが…
ラックブーツ交換
Img_0775
トランスミッションオイル漏れ
Img_0778
シフトのシャフトシール交換
さっさと検査して終わらせたいところですが、なかなかそうは行きません

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月17日 (火曜日)

プジョー レッカーで2台

Img_9282a
生憎の雨続きです
日曜日にAXを使いまして、入庫車がたくさんなものだから屋根下に仕舞えず、そのまま一晩雨の中置いてました
Img_9280
そうしたら翌日フロアーに水が溜まってました 栓を抜いて排水
ルーフベンチレーターのパッキンが弱っているのです
Img_9258
少し前、クーリングファンを交換したプジョー106ラリーです
またレッカーサービスで入庫です
Img_9260
前に、「買って2ヶ月でクラッチワイヤーが2回切れた」という話を聞きましたが、またクラッチワイヤーが切れたようです
クラッチペダルが床へ下がったまま戻ってません 正味動いてる期間を考えると一ヶ月に1回以上のペースで切れてることになります
覗き込むと、フロアーにドリルで雑に開けた穴もあります 今までのメンテナンスのクオリティーに疑問です
Img_9276
やはりワイヤーが切れていました
最低限、クラッチカバーとレリーズレバーぐらいは点検したいところですが、今回はワイヤーだけ交換してとのことです
実はトランスミッションも怪しげなので、いつか合わせてしっかり点検したほうがいいでしょう
Img_9277
新品のクラッチワイヤーに交換
とりあえずこれでまた動かせますが、いつまで持つかは保証できかねます
Img_9291
またまたレッカーサービスで入庫 プジョー206SW
エンジンが掛かったあとすぐに止まってそのまま掛からなくなったそうです
Img_9300
難しいのは修理ではなく故障診断
で、その故障診断を端折ってたどり着いたのはフューエルポンプ
Img_9307
なんかすごく硬い…
SSTがぶっ壊れました
Img_9309
それでも何とか無理やりはずして、ポンプのアクティブテスト
Img_9313
モーターを直接小突くと動きますがすぐ止まってしまいます ポンプが壊れてます
というわけでポンプ交換します
それにしても、すごく汚いガソリンが出てきました モーターが壊れたせいなのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月18日 (月曜日)

セミオートマの作動油

Img_8691
フィアット500 車検です
Img_8771
一通り作業します
エンジンオイル交換
Img_8742
スパークプラグ交換など
Img_8698
バッテリーやECUもチェック
Img_8678
デュアロジック(セミオートマ)の作動油の汚れ
Img_8723
タンクの中の汚れもひどかったです はずしてきれいに清掃
Img_8720
タンクをはずしてると作業しやすいので、この隙にトランスミッションオイルの交換も
Img_8733
補充したばかりのオイルはきれいです
Img_8769
減圧して作業しても、作動させると古いオイルと混ざってまた汚れます
きれいになるまで、何度か繰り返しましょう
汚れがひどくなる前に、定期的な交換がおすすめです
Img_8745
おまけ
遮熱板のこの穴は、エンジン打刻を覗き見するためのもの

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月17日 (木曜日)

8月後半スタート

お盆休みが終わって今日から通常営業です
Img_7856
プジョー309からはずしたクーラーケースです
Img_7865
分解してエバポレーターを取り出しました
汚れがひどいです 漏れていたのは一目瞭然
新品部品はありません どうするか考えます
Img_7868
ケースの中の汚れもひどい
エアコンフィルターはあった方がいいですね
Img_7890
ケースと付属品の汚れ落とし
Img_8087
ワーゲンゴルフカブリオレ ドイツからスピンドルが入荷しました
Img_8089
早速交換します
Img_8094
油圧プレスをつかってハブベアリングも交換
Img_8096
ベアリングパッカーも油圧プレスで楽々
Img_8097
たっぷりグリスを吸ったベアリング
Img_8098
休みボケを返上して仕事します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月30日 (日曜日)

406エアコン、ゴルフ部品待ち

Img_7931
プジョー406スポーツ 「点検ついでにエアコンもチェックして欲しい」
BOSCH ACS施工 ガス量が64%、規定量より36%も低下していました
Img_7960
エアコンガスとパワーエアコンプラスの補充
Img_7963
吹き出し口温度の点検
最終的に、アイドリングで7℃以下まで下がりました
冷え冷え
Img_7907a
ゴルフカブリオ リヤタイヤがグラグラすると入庫です
Img_7918
ハブベアリングが砕けていました
Img_7917
スピンドルも壊れています
部品手配します
Img_7921
前回入庫時に部品が間に合わなくて作業を後回しにしていたフロントスタビブッシュ
Img_7935
こちらは部品が入荷していたのでこの機会に交換
Img_7940
部品が入手困難になると、不動状態が長引いたりして大変です
すぐ入荷するといいなあ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

お知らせ | アクセサリー・オプション | イグニッション・点火系 | イベント・レース・走行会 | インジェクション・燃料系 | エアコン・電装部品 | エンジン・動力装置 | オイル交換 | カッティングシート・ステッカー | カーオーディオ・カーナビ・ETC | クラッチ・ミッション・駆動系 | サスペンション・足回り | ステアリング・操舵系 | タイヤ・ホイール | バッテリー・電気系 | ブレーキ・制動装置 | ボディ・フレーム・板金 | マフラー・エアクリーナ・吸排気系 | ムービー・動画 | メンテナンス・修理 | ラジエター・冷却系 | 中古車 | 出張・お出かけ・引取り | 新製品・新商品・グッズ紹介 | 日記・コラム・つぶやき | 書類仕事・名変・業務・雑用 | 車検・定期点検 | 車種:アウディ | 車種:アウトビアンキ | 車種:アバルト | 車種:アルピーヌ | 車種:アルファロメオ | 車種:オペル | 車種:クライスラー | 車種:サーブ | 車種:シトロエン | 車種:スマート | 車種:フィアット | 車種:フェラーリ | 車種:フォルクスワーゲン | 車種:プジョー | 車種:ボルボ | 車種:ポルシェ | 車種:マセラティ | 車種:ミニ/ローバー | 車種:メルセデスベンツ | 車種:ランチア | 車種:ルノー | 車種:ロータス | 車種:日本車 | 車種:BMW/ミニ | HBOX Project