« ホンダS660の車検 | トップページ | プジョー205のエアコンとガソリンのホース »

2022年9月18日 (日曜日)

アルピーヌA110のOBD

Img_9268a
新規登録から約三ヶ月三千キロのアルピーヌA110GT
不具合もないし、エラーメッセージも出たことないそうです
そりゃま、まだ新しいですからね
Img_9270
「メーターにメッセージは出なくても、ECUにはエラーメモリが残ってたりするもんですよ」
「まさか?」「じゃあ、診断機を繋いで見てみましょうか」
OBDポートは左席正面、化粧カバーをはずしたところにあります
Img_9271
ほら、メッセージが真っ赤っか
Img_9272
という訳で備忘録
Img_9273
ほとんど誤作動だったりリセットし忘れの無視していいレベルのものだと思います
Img_9275
とりあえず、消せるものは消しておきます
Img_9276
というか、診断機は不具合が発生した時に故障コードを見るために使うのではなく、日常的に使用して各パラメーターをチェックする癖を付けておきましょう
Img_9278
普段から正常な状態の具体的な数値を把握しておけば、いざという時の不具合の発見に役立ちます
診断機を所持してないユーザーは無理でも、これを実践できていないプロのメカニックがいることを残念に思います
ちょっと脱線しました
Img_9279
あ、これは1個消えないやつだ
また次回入庫した時に、新たにエラーが記録されていないかチェックしてみることにします

|

« ホンダS660の車検 | トップページ | プジョー205のエアコンとガソリンのホース »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。