« 2022年7月 | トップページ

2022年8月 9日 (火曜日)

ミラジーノのATオイル漏れとオルタネータ

Img_8133a
ダイハツミラジーノ 日本車はあまり扱っていませんが、既存ユーザーさんのセカンドカーだったり、家族の車だったりで、時々作業のご依頼をいただくことがあります
Img_8134
オートマチックミッションのオイルが漏れています
以前、ドレンワッシャーを交換してみましたが効果はありませんでした
Img_8143
オイルパンをはずしました
そのままではメンバーが邪魔でオイルパンを外せなかったので、マウントを切ってエンジンごと持ち上げています
Img_8145
オイルパンを交換します リブが増えて形状が変更されているようです
鉄粉を寄せ付けるマグネットの取り付け位置も変更されています
Img_8150
新しいオイルパンの取り付け
ドレンワッシャーの当たり面がきれいな平面じゃないように見えるのは気のせいでしょうか
取り付け穴が一箇所だけネジ山が潰れていてトルクが掛からないところがありました
ネジ山修正したくても、メンバーが邪魔で作業できません
ATオイルを充填して様子見です
Img_8160
もう一つ、バッテリー上がりでエンジンが始動出来ないことが数回あったそう
暗電流値は問題なかったですが、オルタネーターの方に問題あり
レギュレター電圧が安定しなかったり、リップル波形もおかしかったり
Img_8165
ということでオルタネーター交換
Img_8168
リップル波形に問題なし
Img_8174
レギュレター電圧も今のところ正常
Img_8177
バッテリーは満充電
まだスタート容量が残っているので交換はしません

| | コメント (0)

2022年8月 8日 (月曜日)

シトロエンC3納車整備

Img_8107a
2020年式のシトロエンC3 シャイン 販売車両です
納車整備をします
Img_8111
エンジンルームと下回りの洗浄
Img_8108
もちろんホイールの内側も綺麗にします
Img_8095
エアーフィルター点検
Img_8099
3気筒エンジンなのでスパークプラグは3本
電極の摩耗だけでなく、ガス抜けのチェックも重要です
Img_8120
エンジンオイルとオイルフィルター交換
Img_8119
タイミングベルトはエンジンオイルに浸っています
ミスマッチなオイルは重大なエンジントラブルの原因になります
Img_8117
エアコンフィルター交換
Img_8125
下回りと足回りの防錆処理
Img_8127
新車保証が残っているので、正規ディーラーで継承手続きをする予定です

| | コメント (0)

2022年8月 7日 (日曜日)

夏休みは

Img_7961
フィアット500の窓落ち ウインドウレギュレータ交換
Img_8100a
ミラジーノはユーザーさんのセカンドカー ATオイル漏れと充電不良で入庫
Img_8103a
シトロエンC3は注文販売車両 これから納車整備を進めていきます
やることたくさんでまとまったお休みが取れるかな?

| | コメント (0)

2022年8月 6日 (土曜日)

ルーテシアRSつづき

Img_8076
はずした部品を組んでいきます カムキャップは再使用出来ないので新しいものを取付します
Img_8080
追加でミッションマウントも交換
Img_8082
ランプ類の点灯確認は、バンパーを取り付けする前にしておいたほうが、万が一の時の二度手間を防げます
Img_8083
エンジンオイルフィルターを交換してるところ
Img_8084
こちらはエアコンフィルターを交換してるところ
Img_8085
タイヤ4本新品交換
Img_8086
スペアタイヤはエアーを充填 マイクロファインエアーを使用しています
Img_8089
オルタネーターを交換したので発電状態の点検
Img_8090
オーバーチャージはなくなりました
これで安心です

| | コメント (0)

2022年8月 5日 (金曜日)

ルーテシアRSのヘッドランプ

Img_8057
車検整備中のルーテシアのつづきです
前周りを分解したついでにヘッドランプレンズを研磨します
Img_8060
磨くと出てくる粉が黄ばんでいます この粉の黄ばみがなくなるまで研磨します
Img_8061
古いコーティングと黄ばみが除去できたら
Img_8062
新しいコーティングをします
Img_8065
そのヘッドランプに繋がる配線たち
Img_8067
むき出しなのが気になったのでチューブを被せました
Img_8068
当然、反対側もむき出しだったので
Img_8071
同じように処理
Img_8072
前周りを組み付けていきます

| | コメント (0)

2022年8月 4日 (木曜日)

ルーテシアRSのドライブベルト交換

Img_8009
ルーテシアRSのタイミングベルト交換のつづきです
新品のベルトとテンショナー
Img_8017
取付はしっかりトルク管理しましょう
Img_8024
新しいベルトを取付します
Img_8033
バルブタイミングの確認と、ベルトテンションの調整
Img_8038
新しいポンプの取付
Img_8046
ドライブベルトのテンショナーとローターも新品に交換
Img_8048
切れていたエンジンマウントも交換
Img_8049
オーバーチャージしていたオルタネーターも新品へ
そう言えば以前からなぜかプーリーが割れていました
Img_8055
クランクプーリーとドライブベルトも新品です
Img_8056
写真だと伝わりにくいですが、この手のルノーの作業はなかなか大変なんです

| | コメント (0)

2022年8月 3日 (水曜日)

ルーテシアRSのタイミングベルト交換

Img_7970
しばらく更新をサボっていたので少し遡って先月の話
Img_7974
ルーテシアRSのタイミングベルトと周辺部品の交換です
Img_7978
狭いエンジンルームを上から下から作業していきます
Img_7979
ベルトも痛んでますが、ローラーも割れてました 大事になる前に作業してよかったです
Img_7993
ウォーターポンプにもクーラントが漏れた形跡があります
Img_7995
ポンプをはずしました 液体パッキンの跡がしっかり これは綺麗にするのが大変です
Img_8003
カムとクランクは専用工具で固定しましょう
Img_8007
以前作業した誰かがクランクスプロケットにマーキングしてますが、キー無しのフリーなので全くの無意味です
Img_8019
だからなのかスプロケットを抜くのが少し大変でした
Img_8021
一応、クランクにも溝はありますがキーは使っていません
つづく

| | コメント (0)

« 2022年7月 | トップページ