« プジョー206ドアシール交換 | トップページ | エグザンティアのラックブーツ »

2022年6月 5日 (日曜日)

プジョー106 燃料タンク

Img_6657
入庫中のプジョー106ラリー
時々エンジンが吹けなくなる原因は、燃料タンクが負圧で窒息してしまうことでした
タンクとインマニはエバポでつながっているので、MAPセンサーのエラーというのもわかってみれば納得です
Img_6653
チェックバルブとかキャニスターとか、まあ、いろいろあるんですが、うまいこと解決して終了です
Img_6629
それとは別に燃料漏れが発生
ガソリンホースを交換しました
Img_6656
燃料タンクを載せ換えしてからなんとなくガソリン臭い気がするのでタンク周辺を入念にチェック
Img_6658
これでやっとお返しできそうです

|

« プジョー206ドアシール交換 | トップページ | エグザンティアのラックブーツ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« プジョー206ドアシール交換 | トップページ | エグザンティアのラックブーツ »