« ガラスのシール不良 | トップページ | 205と309 »

2021年6月20日 (日曜日)

慎重トライアル

エンジンブロックのボルト穴が壊されているプジョー309の続きです
Img_2247
エンジンをばらしてブロック単体で加工業者さんに持ち込みとなるところですが、さらに時間と費用が掛かってしまうので、車上で何とかしたいと思います
Img_2250
プジョー用ではなくトヨタのエンジン用ですが、タイムサートを使ってみます
Img_2251
こういう物です コイル状ではないので剛性があります
Img_2274
車体に対してエンジンが斜めに傾いて載っています 治具をセットしてブロックに対して垂直に加工出来る様にします
Img_2296_20210620175801
専用のドリルで下穴を加工します
タイムサートにはフランジがついているのでドリルも二段になっています
Img_2297
狙った寸法まで切削加工
Img_2301
これまた専用のタップでネジ山を切ります
1050165j
切削もタップも手応えが今ひとつ バカ穴になってしまっているのでネジ山が頼りない
タイムサートは本来ならワンサイズオーバーで、一度修正されてるものには使えません
Img_2318
がしかし、ここまで来たからには突き進むしかありません
タイムサートを挿入します
リスク承知で作業してます 決して真似しないで
1547545j
思ったよりはいい感じにタイムサートがおさまりました
当然ながら内側のネジ山はきれいです
Img_2320
内側のネジ山はきれいでも、ブロックのネジ山はいまいちなのは事実 タイムサート自体が滑ってしまったら意味がありません
ヘッドを載せたと仮定してトルクをかけてみます
うーん、今のところ40Nmくらいまではなんとか?
ロック剤をしっかり乾かしてから再テストしてみます さて、どうなる!?

|

« ガラスのシール不良 | トップページ | 205と309 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ガラスのシール不良 | トップページ | 205と309 »