« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »

2021年6月30日 (水曜日)

シトロエンC3つづき

Img_2412
バックランプをLEDにして欲しいとのことです
他のバルブも黒ずんでいたり色落ちしていたりするのでついでに交換します
Img_2414a
バックランプのバルブをユーザーさん持ち込みのLEDに交換しました
Img_2423
フロントバンパーの取り外し
Img_2428
スポイラーの隙間と
Img_2429_20210630185001
モールの割れが気になるとのことで
Img_2433
こちらも持ち込まれた中古パーツに交換します
Img_2435
交換後
Img_2436
フォグランプもLEDに変更
Img_2438_20210630185001
LED化に合わせて、配線も加工しました

| | コメント (0)

2021年6月29日 (火曜日)

106ラリーとC3

Img_2372a
プジョー106ラリー パワステオイル漏れで入庫です
Img_2376
フレアナットから漏れていました
Img_2377
ポンプにクラックがないか点検
Img_2379
問題なさそうなのでOリングを交換しておしまい
Img_2389a
シトロエンC3 既存ユーザーさんですが、他店で購入したばかりの中古車で気になるところをリフレッシュしたいと入庫です
Img_2392
ドアを開閉するとギーギー異音がします
Img_2393
右フロントドアと
Img_2400
右リヤドアのドアストッパー交換
Img_2407
ウレタンタイプのステアリングから革巻タイプのステアリングに交換
Img_2411_20210629191401
C2用の純正ステアリングだそうです 見た目同じで違和感ありません

| | コメント (0)

2021年6月27日 (日曜日)

抜いて挿す

Img_2346
プジョー206「水温計の表示がおかしい」と入庫です
キーオフの時の針の位置
Img_2349
診断機の水温センサーの数値とメーターのズレを確認 低い方向にずれています
Img_2351
指針をはずして付け直します
Img_2354
正しく表示されてるか確認
Img_2356_20210627160401
キーオフの時の針の位置
かなりズレていたことがわかります
Img_2347
診断機をつなげたついでにエラーメモリーのチェック
Img_2358
フロントのブレーキパッドとローターが摩耗しているので交換します
Img_2364_20210627160401
新しいパッドとローター
Img_2371
この車のフロントブレーキディスクローターの磨耗限度は20mm
はずしたローターは20mmを下回っていました

| | コメント (0)

2021年6月24日 (木曜日)

サクソVTS

Img_2335a
シトロエンサクソが「走行中にエンジンが止まって再始動出来なくなった」とロードサービスで入庫しました
セルモーターは回りますがエンジンが掛かりません
Img_2336
セルを回すと、まるで圧縮がないかのような軽々しい音がします
分かる人はここでピンときます 疑わしいところを点検します
Img_2338
タイミングベルトのカバーを開けると… 切れたベルトが出てきました
Img_2343
やはりタイミングベルト切れでした このエンジンはベルトが切れるとバルブクラッシュを起こすので、エンジンの中のダメージが大きいのが予想できます
Img_2340_20210624161501
タイミングベルトは切れてからでは手遅れになるので定期的なメンテナンスが大切です

| | コメント (0)

2021年6月23日 (水曜日)

205と309

ふと、現在作業入庫中のリストを見てたら昭和か平成初期の車ばかりでした
あれま随分偏ってしまいました
Img_2288
リヤガラスを貼り直したプジョー205 雨漏りは止まりました
Img_2292
トランクランプスイッチ交換
Img_2322
リヤウインドウウォッシャーポンプ交換 これで大方完成です
Img_2324
タイムサートを埋め込んだプジョー309
タイムサートがしっかりブロックに入っているか深さを測って再確認
Img_2328_20210623162101
ヘッドの締め付けトルクは大きいです タイムサートが滑らないか、ヘッドを載せたと仮定してトルクをかけます
本来ならそんな必要はないのですが、今回はいんちきしてバカ穴に埋め込みましたので…
Img_2330
期待通りにはならなかったというか、案の定というか、やはりトルクをかけると滑ります
エキストラクターですっと抜けてきてしまうくらいなので、それだけネジ山が効いてなかったということでしょう
Img_2331
タイムサートを抜き取りました
ブロック側のネジ山が低すぎですね
Img_2332
さて、次の手を考えます

| | コメント (0)

2021年6月20日 (日曜日)

慎重トライアル

エンジンブロックのボルト穴が壊されているプジョー309の続きです
Img_2247
エンジンをばらしてブロック単体で加工業者さんに持ち込みとなるところですが、さらに時間と費用が掛かってしまうので、車上で何とかしたいと思います
Img_2250
プジョー用ではなくトヨタのエンジン用ですが、タイムサートを使ってみます
Img_2251
こういう物です コイル状ではないので剛性があります
Img_2274
車体に対してエンジンが斜めに傾いて載っています 治具をセットしてブロックに対して垂直に加工出来る様にします
Img_2296_20210620175801
専用のドリルで下穴を加工します
タイムサートにはフランジがついているのでドリルも二段になっています
Img_2297
狙った寸法まで切削加工
Img_2301
これまた専用のタップでネジ山を切ります
1050165j
切削もタップも手応えが今ひとつ バカ穴になってしまっているのでネジ山が頼りない
タイムサートは本来ならワンサイズオーバーで、一度修正されてるものには使えません
Img_2318
がしかし、ここまで来たからには突き進むしかありません
タイムサートを挿入します
リスク承知で作業してます 決して真似しないで
1547545j
思ったよりはいい感じにタイムサートがおさまりました
当然ながら内側のネジ山はきれいです
Img_2320
内側のネジ山はきれいでも、ブロックのネジ山はいまいちなのは事実 タイムサート自体が滑ってしまったら意味がありません
ヘッドを載せたと仮定してトルクをかけてみます
うーん、今のところ40Nmくらいまではなんとか?
ロック剤をしっかり乾かしてから再テストしてみます さて、どうなる!?

| | コメント (0)

2021年6月15日 (火曜日)

ガラスのシール不良

プジョー205 リヤゲートの雨漏り点検
ガラスの隙間から水が入り込みます
Img_2254
リヤスポイラーをはずしました 以前にも手を加えているようです モールが切られシリコンが塗られています
Img_2256_20210615162401
ハッチガラスはずしました
Img_2258
ところどころガラスが浮いて隙間が出来ていました
Img_2272
ガラスの接着し直し これで雨漏りしなくなるでしょう

| | コメント (0)

2021年6月14日 (月曜日)

見えないところを見せる

Img_2233
車検整備中のプジョー205のつづきです
運転席前Aピラートリムが外れるそうです プラスチックパーツの劣化は避けられません クリップの固定部分が割れてます
Img_2231_20210614134801
ピラー側には接着剤の跡が 以前苦労した痕跡でしょう
Img_2239
薄いアルミ板を加工してトリムに貼り付けてみました
Img_2240
こんな感じ ツバの様になります
Img_2243
ウェザーストリップで挟み込むと、加工部分は見えなくなるし、しっかり固定もできます いかがでしょう
Img_2226_20210614134901
次は、トランクに雨漏りがあるとのことなので点検していきます
Img_2230_20210614134901
ルノールーテシアRSはエンジンオイル交換とかタイヤ交換とか
汗をかく季節になってきましたが踏ん張りましょう

| | コメント (0)

2021年6月 8日 (火曜日)

プジョー205のブレーキ

Img_2183
車検で入庫中のプジョー205GTi やっとパーツが入荷したので作業を再開します
Img_2184
ブローバイホース交換
Img_2187
スタビライザーブッシュ交換
Img_2196_20210608140901
ブレーキフルード交換 右リヤキャリパーからフルードが出てきません
Img_2199
そもそもキャリパーまでフルードが届いてない様子
Img_2203
リミッターバルブまでは届いています はずして点検してみましたが、バルブに詰まりなし
Img_2204
ブラケットの取り付け位置がおかしいです パイプも曲がってしまっています
比較的新しいショックアブソーバがついているので、その際のミスでしょうか
そしてなぜかトーションバーにベルトの切れ端が挟まっています
Img_2213
ホースが詰まっていました ホースを作ります
Img_2214
長さを揃えてブレーキホースを作りました
Img_2219_20210608140901
ブラケットの位置を修正してホースの取り付け
曲がっていたパイプも戻しました
無事にキャリパーからエアー抜きが出来る様になりました

| | コメント (0)

2021年6月 5日 (土曜日)

ルーテシアRS車検

Img_2129_20210605183301
ルーテシアRS車検のつづきです バッテリーのスタート容量の低下
Img_2130
バッテリーを交換します
Img_2131
アイドリングストップ対応のAGMバッテリーです
Img_2153
ECUメモリー点検
Img_2162_20210605183401
エンジン番号はここにあります
Img_2141
スパークプラグ交換
Img_2147_20210605183401
フロントブレーキパッド交換
Img_2150
社外品からルノー純正のブレーキパッドに変更です
Img_2181
DCTオイル交換
さくさく作業進めていきます

| | コメント (0)

2021年6月 4日 (金曜日)

よく割れるあれ

Img_2097
車検で入庫中のルノールーテシアRSトロフィーです
フロントバンパーカバーをはずして
Img_2100
ターボパイプを交換します
Img_2105
破損率の高い樹脂製から、社外品の非鉄金属製に交換です
Img_2106
スロットルバルブの前のパイプが分割されるので今後バルブ清掃も簡単になります
Img_2109
キットに付属のボルトは短くて使えないので交換します
Img_2110
取付精度が曖昧なのは社外品あるあるです 長穴になっているのである程度の位置調整が出来ます
Img_2112
変形して外れかかったインタークーラーのダクトはビニールテープで止めてありました
Img_2113_20210604182101
バーナーで炙って修正 カチッと固定できるようにしておきました
Img_2124
バンパーカバーをつけるとパイプと干渉します
Img_2126
干渉する部分を切り落としました
装着完了です

| | コメント (0)

2021年6月 3日 (木曜日)

タイヤ交換とかオイル交換とか

Img_1895_20210603172801
いろいろなので急ぎ足で
Img_1914
シトロエンC4カクタス タイヤ交換
Img_2134a
アルファロメオ156V6 パンクで入庫
Img_2138_20210603172901
タイヤ交換
Img_2088a
プジョー106ラリー エンジンオイル交換
Img_2173a
フィアットグランデプント エンジンオイル交換
Img_2094a
ルノールーテシアRSトロフィーは車検で入庫
これから作業します

| | コメント (0)

2021年6月 1日 (火曜日)

プジョー206 つづき

Img_2050_20210601122701
噛み込んでショートしていた配線を修復
元々使われていない線で、この先には何もつながっていません
Img_2031
増設したリレーコントロールをやめて、配線を元に戻します
改造していたBSIを、改造していないBSIに交換
Img_2059_20210601123001
オーディオのディマー線など諸々の点検と配線変更・修理
Img_2056
灰皿から横取りされていた配線は撤去
Img_2073
デッキの奥がごちゃごちゃしていると収まりが悪いので配線をスリム化します
Img_2075
車両側カプラーからディマー信号も取れるようにしました
Img_2076
そもそものポジションランプの不具合のはじまりは配線がショートしていたから?
もしかしてBSIは壊れていなかった?
Img_2079
改造したBSIを標準状態に戻して、もう一度BSIを交換してみます
Img_2084a
ありゃ、左のポジションランプが点きっぱなし
やっぱりBSIも壊れていましたか
Img_2086
といわけでもう一度BSIを交換して最終確認、作業終了です
長らく代替処置でしたがこれで元通りに戻りました

| | コメント (0)

« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »