« 106×106 | トップページ | 206×206 »

2020年10月 9日 (金曜日)

手入れが行き届いてないと調子が悪くなるのは当たり前

Img_3466a
プジョー206がエンジン不調で入庫です
Img_3440
来店途中に、エンジンチェックランプも点灯したそう
Img_3446
燃焼系のエラーが入っています
Img_3450
BSIやATにもエラーメモリー
Img_3458
いつぞやにエンジン不調でイグニッションコイルを交換してもらったことがあるそう
確かに新しそうなイグニッションコイルがついてます
Img_3462
半年前にどこかで車検を通してるそうですが、スパークプラグはかなり使い込んでそうで電極が減ってます
これじゃせっかくの新しいイグニッションコイルも壊れてしまいます
Img_3478
スロットルバルブの汚れもひどい 半年前の車検で…掃除はしてないんでしょうね
Img_3481
きれいに掃除しました
Img_3475
「停車直前に加速する」という話ですが、おそらくシフトダウンのショックのこと
久しぶりにこんなに調子の悪いAL4に乗りました
案の定、ATフルードの汚れ具合が酷い
良くなれと願いを込めて、フルードを抜き換えつつフラッシングがてら少し走り込んでみますImg_3496
スパークプラグは要交換ですが、まずはギャップ調整して様子見します

 

スパークプラグにしろATフルードにしろ、普段から適正なメンテナンスがされていれば起きなかったトラブルなんじゃないかと思いますが、はて?
コイルを交換するにしたって、なんでコイルが壊れたんだろうとか、要求電圧とか通電時間とかどうなんだろうとか考えないもんなんですかね
つい愚痴っぽくなってしまいました ごめんなさい 車に罪はないの!

|

« 106×106 | トップページ | 206×206 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。