« 206エアコンコンプレッサー | トップページ | また206エアコン »

2020年5月17日 (日曜日)

206 Built-in System Interface

Img_1500
右のポジションとナンバー灯が点灯しないプジョー206のつづき
いろいろ調べた結果、やはりBSIが壊れていると判断しました
Img_1516
BSIを分解して目視点検
Img_1517
内容的にどこかのリレーが壊れているのは間違いなさそうですが、目視では異常は見当たりません
Img_1511
BSIのメーカー供給は終了しているそうです かと言って、中古パーツは値段とリスクが釣合いません
海外ではリペアパーツが流通しているようですが、入手に時間がかかります
とりあえず、今のBSIを改造して使えるように出来ないか解析してみます
Img_1527
BSIの中身までは開示されていないようなので、配線図を元に、出力側だけ工夫してみました
Img_1529a
これで行けるはず!と思って車両に取り付けてテスト
ポジションやナンバー灯は点灯するようになったものの、なぜか右後ろのターンシグナルまで点灯
なぜだ!?
Img_1531
さらに悩んでいろいろ調べていたら、メーカーが出してる配線図が間違っているのがわかりました
間違った配線図を見てちゃ、そりゃうまくいきません
Img_1533
BSIの改造をやり直し
Img_1534
中身を改造してるので、見た目は何も変わりません
車両側の配線を改造するという手もありますが、後々BSIを交換した時に、車両側の配線を元に戻す必要が発生するので、そうならないようにBSIの中身を加工しました
新しいBSIが入手できたら、BSIを単品交換するだけで済みます
Img_1538a
改造BSIを取り付けして、点灯確認
今度はうまくいったみたいです 見落としがないか確認します
悩まされましたがとりあえず結果が出せて良かったです

|

« 206エアコンコンプレッサー | トップページ | また206エアコン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 206エアコンコンプレッサー | トップページ | また206エアコン »