« 206 Built-in System Interface | トップページ

2020年5月23日 (土曜日)

また206エアコン

Img_1562a
少し前のブログ記事を読んだ方から、「自分の206もエアコンコンプレッサーとBSIが壊れているかも?」とプジョー206が新規で入庫です。
「エアコンが効かない」と、「左のヘッドランプが点灯しない」とのことです。
Img_1551
最近、どこかのショップで継続検査を受けたばかりの車ですが、ドライブベルトにひびがあります。
Img_1564
エアコンのコンプレッサーの作動状況以前に、冷媒が足りません。
Img_1574
サービスバルブがいまいちなので、バルブコアを交換しました。
Img_1570
正規の量のエアコンガスを充填して、作動圧と吹出口温度の点検。闇雲にコンプレッサーを交換する前に、これで様子を見ます。
Img_1608
ひびだらけのベルトは流石に見逃せないので、ベルトは新品に交換します。
Img_1581
左のヘッドランプは「バルブを交換したけど直らなかった」とのことなので、まずは配線を点検。
Img_1583
上流から点検していきましたが配線に異常は見つからず。
Img_1585a
最後にバルブを確認したら切れてました。先入観が発見を遅らせてしまいました。バルブを交換して無事点灯。
Img_1588
右側のヘッドランプレンズにややくもりあり。
Img_1595
磨いてハードコーティング施工。以上。
いやー、やっぱり先入観なしで車と向き合わなくちゃダメですね。

|

« 206 Built-in System Interface | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 206 Built-in System Interface | トップページ