« 2018 began | トップページ | 106S16車検 »

2018年1月10日 (水曜日)

V6ターボ シューティング

Img_0926
アルピーヌV6ターボ 去年から入庫してます
エンジンが掛かりません
Img_0929
大体の見当はついています 燃圧がありません
Img_0938
ガソリンは入っています
Img_0932
燃料ポンプにかかる電圧が低い
Img_0939
電源は問題なし リレーをスキップしてもポンプに電圧かかりません
Img_0936
途中までは電気来てます
Img_0950
ここの中継カプラーが怪しい
なるほど、以前後付リレーが付いていたのはおそらくこの為ですね
接触不良とか電圧降下をリレーで誤魔化してたようです
いろいろ試しましたが具合が良くないので何か対策考えます
Img_0953
それはそうと、外付けのボルテージレギュレーターの配線が無駄に長いのが気になります
邪魔なので余分なところをカットします
Img_0955
短く作り直して取り付け これですっきり
というか、ビルトインタイプのオルタネーターにしたら外付けのレギュレーターも無くなって、もっとすっきり出来るんだけど
Img_0957
B端子のケーブル焼けてます
ついでにこれも作り直します
つづく

|

« 2018 began | トップページ | 106S16車検 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60244/66263650

この記事へのトラックバック一覧です: V6ターボ シューティング:

« 2018 began | トップページ | 106S16車検 »