« 106代車号で鈴鹿 | トップページ | クリオの電気・ゴルフの足 »

2012年8月25日 (土曜日)

エーツー・オイル交換、ニーマルロク・マウントとATオイル

Img_2455
アウディA2、ボ、ボンネットがー!この車のボンネットは脱着式。
Img_2456
エンジンオイルの交換と、タイヤローテーションを実施。
Img_2409
車検入庫中の206SW、エンジンマウントを交換します。
Img_2410
バッテリー下のマウント。
Img_2412
はずして新旧比較。右が新品。左は少しつぶれてます。
Img_2417
エンジン右上のマウント。こちらも右が新品。古い方はかなりつぶれているのがわかります。
Img_2418
前後のサポートゴムもセットで交換。
Img_2419
エンジン下のマウントはドライブシャフトをはずして交換ですが、右ストラットのスプリングの皿にSSTを取り付けするサービスホールがない…
Img_2420
本当はここにこうして穴が開いてて
Img_0861
こうしたいのに…
Img_2422
スプリングコンプレッサーでスプリングを縮めてみたり、ジャッキでハブを持ち上げてみたり、いろいろ試行してみましたがうまくハブをはずせず、結局ドリルとリューターで穴を開けました。
Img_2425
無事ドライブシャフトがはずれて、
Img_2426
やっと下側のエンジンマウントの交換が出来ました。
Img_2428
古いマウントは切れていました。
Img_2431
最後にATのオイル交換。オイルレベルは油温が60℃(+8℃、-2℃)の時にチェック。
Img_2449
診断機でATオイルのカウンターの点検。作業時の値は15662。
Img_2452
0.5L交換毎にカウンター値を2750戻します。今回は2回抜きして5L程使用したのでカウンターを0にしました。
おしまい。

|

« 106代車号で鈴鹿 | トップページ | クリオの電気・ゴルフの足 »

コメント

エンジンマウントを交換して頂いたお陰で、ステアリングから伝わってくるイヤな振動もなくなったようで、静寂性を取り戻しました。ATFの交換も2回ということもあってか、今までのシフトショックが嘘のようになくなりとても快適です。延々引っ張るクセはフルードとは関係ないので治ってませんが(笑)
何故かトルクが増したように感じるのは気のせいでしょうか?でも全体的にワンランク上の高級車に乗り換えたような錯覚に陥ったのは事実です。色々ありがとうございましたm(_ _)m

投稿: かず | 2012年8月27日 (月曜日) 午後 09時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60244/55504729

この記事へのトラックバック一覧です: エーツー・オイル交換、ニーマルロク・マウントとATオイル:

« 106代車号で鈴鹿 | トップページ | クリオの電気・ゴルフの足 »