« スペシャリスト? | トップページ | 虹とサクソいろいろ »

2011年10月22日 (土曜日)

106のレデューサー取付とSMのイグニッションスイッチ

Img_2540a
ラテンフェスタ スーパー1400トロフィーエントラントの106ラリーです。
クランクケース減圧バルブ「レデューサー」を取付します。
Img_2541
純正のブローバイホース。
Img_2543
これがレデューサー。
ホースの取り回しはこんな感じで。
Img_2546
純正ホースをはずして、レデューサーを取り付けました。
Img_2548
パッキンの劣化でスポーツ走行するとブレーキフルードが漏れるので、ブレーキリザーバーのキャップを交換しました。
Img_2560
イグニッションスイッチが仮設状態だったSMの続き。
景観を損なわないように、かつ、ダッシュやインパネに加工を加えないように、いろいろ考えながら図面を引いて…
Img_2566
灰皿を加工して、灰皿の中にスイッチを取り付けることにしました。
スペアの灰皿があれば、簡単に元に戻せます。
Img_2625
仮組み状態ですが、キースイッチやスタータースイッチが付いた灰皿ケース。
シガーライター部分にゴムキャップのスタータースイッチ、一段下がってアクセサリースイッチとイグニッションキースイッチ。
リクエストでLEDの作動確認ランプもつけました。
Img_2630
コンソールに取付すると、こんな感じ。
ここにキースイッチがあるとサーブみたい?
Img_2631
シャッターを閉めると完全に隠せます。
まさかこの中にスイッチがあるとは思えないでしょ?
ちなみにまだ配線をしてないので、このスイッチをいじっても動かせないですけどね。

|

« スペシャリスト? | トップページ | 虹とサクソいろいろ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60244/53057049

この記事へのトラックバック一覧です: 106のレデューサー取付とSMのイグニッションスイッチ:

« スペシャリスト? | トップページ | 虹とサクソいろいろ »