« A2の続き、エグザンティアの続き | トップページ | わかってみれば簡単なこと »

2010年1月29日 (金曜日)

アウディのチェックランプとエグザンティアの配線

Img_1430
セントラルコントロールユニットを交換したアウディA2です。試運転中にエンジンチェックランプが点灯しました。ユニットを交換する前にも点灯したことがあったり、バッテリー電圧が低下したこともあったりしたので、誤作動の可能性も否定できません。
Img_1432
とりあえず、エラーコードを読み取ったあと、メモリーを消去しました。
また少し試運転してログを取ってみることにします。

Img_1434
こちらはヒーターコア交換のエグザンティア ブレーク。なかなかいっぺんに取り掛かれないので、少しずつ作業してます。
Img_1435
ダッシュボードをはずすとき、シガーライターの配線が切れているのを発見したのでした。
組み付ける前に、配線を修理します。
Img_1438
シガーライターは灰皿とともに引き出しになっているので、配線が硬いと可動を繰り返した時に切れてしまいます。
柔らかい配線を使って、カプラーを作り替えました。
Img_1442
少し延長して配線を接続。これでいいでしょう。
Img_1443
カウルトップパネルの取り付け。古いカウルははずす前から割れていたので、新品パーツを使います。
Img_1445
だいたい組みあがってきましたがまだ途中です。

|

« A2の続き、エグザンティアの続き | トップページ | わかってみれば簡単なこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60244/47438544

この記事へのトラックバック一覧です: アウディのチェックランプとエグザンティアの配線:

« A2の続き、エグザンティアの続き | トップページ | わかってみれば簡単なこと »