« <在庫車> プジョー205ラリー | トップページ | 年末の追い込み »

2009年12月21日 (月曜日)

106S16のオルタネーター交換

Img_0873
車検で入庫中のプジョー106S16です。
Img_0875
前回、バッテリーテスターでオルタネーターの不具合を発見したのでオルタネーターを交換します。
オシロスコープを使わなくても、簡単にリップルの不具合が発見できるのでバッテリーテスターは便利です。
Img_0879
とにかく、オルタネーターをはずします。
Img_0877
新旧のオルタネーターです。走行距離が多いので、分解修理せず丸ごと交換します。
新しいオルタネーターは、この時のと同じ国産の大容量オルタネーターです。純正新品パーツより安く、リビルト品並みの価格で、容量アップという好都合のオルタネーターです。
Img_0885
クランクプーリーにズレがあったので、こちらも交換します。
これも純正ではなく社外品を使います。レッドポイントオリジナルのクランクプーリーです。インシュレーターが省略されてますが、価格は純正パーツの半値以下です。
Img_0888
せっかく目盛りが刻んであるので、トップを出して取り付けしました。
Img_0893
配線を保護しているコルゲートチューブも劣化してボロボロだったので交換しました。
Img_0895
下から覗いたところ。
奥の方に、真新しいオルタネーターが見えます。
Img_0900
取り付け完了です。
Img_0908
新しいオルタネーターのリップルテスト。結果はもちろん正常です。
リップルって何?と思った人はオルタネーターの仕組みを勉強してみるとわかりますよ。
Img_0901
車検なので他にもいくつか不具合のある部品を交換していきます。

|

« <在庫車> プジョー205ラリー | トップページ | 年末の追い込み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60244/47080551

この記事へのトラックバック一覧です: 106S16のオルタネーター交換:

« <在庫車> プジョー205ラリー | トップページ | 年末の追い込み »