« サンクアルピーヌの途中経過 | トップページ | イベント情報 »

2009年9月20日 (日曜日)

106、106、SM、308

Img_1937a
今月初めに水温計のトラブルで一度点検していたプジョー106ラリーを預かりました。
Img_1938
改めて確認すると、やっぱり水温計が高いところを指しています。この状態でもシリンダーヘッドの実測値は90℃前後。明らかに表示がおかしいです。
Img_1978a
ちょうど買取で入庫したばかりの106ラリーがあるので、試しに水温センサーを入れ替えてみましたが、結果は同じ。メーターがダメなのかな?
Img_1975
もう一台、106ラリーが入庫。こちらはイグニッションキーを抜いても、ラジオが鳴りっぱなし。アクセサリー電源が切れなくなってしまったようです。
Img_1989
イグニッションスイッチは正常だし…。これは地道に配線を追って行って、原因を調べるしかなさそうです。
Img_1994a
時間の掛かる仕事は後回しにして、シトロエンSMのエンジンオイルとオイルフィルターの交換。
Img_1996
エンジンオイルはルブロス クラシコ ナノパフォーマを使用しました。
Img_1998a
もう一台。フェラーリ 308GTBも、エンジンオイルとオイルフィルターの交換で入庫。
Img_2000
こちらはモチュール 300V ルマン。1台で2Lボトルを5本近く使います。

あ、そういえば今日は並行車ばっかりで、ディーラー車が一台もなかったですねぇ。全部左ハンドルマニュアルミッション車。まあでも、よくあることですかねぇ。

|

« サンクアルピーヌの途中経過 | トップページ | イベント情報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60244/46265378

この記事へのトラックバック一覧です: 106、106、SM、308:

« サンクアルピーヌの途中経過 | トップページ | イベント情報 »