« テンサンラリーのストライプを考える | トップページ | クリオ2、ルーテシア1、縦サンクとか »

2009年9月25日 (金曜日)

サンクアルピーヌの配線の続きと、106ラリーのオルタネータ検証

Img_2104
ルノー サンク アルピーヌの配線処理の続きです。運転席周辺の配線はこの通りまだバラバラ。
Img_2109
一本ずつ整理しながら引き直していきます。
Img_2112
カプラを作り直したりして
Img_2116
少しすっきりしてきました。
Img_2126
助手席側から見るとこんな感じ。
Img_2124
一本ずつ圧着端子をかしめて、繋げて、束ねて、コルゲートチューブで包んで…。
だんだん出来てきました。
Img_2128
メーターナセル周辺の配線はまだこれから。

Img_2155a
こちらはオルタネーターがショートしてしまったプジョー 106ラリー。
スタンダードな106ラリーにはエアコンが付いていないのですが、この車両はエアコン付きのため、標準のオルタネーターでは容量が不足しています。
オルタネーターを交換するだけでは、またいずれ似たようなトラブルを起こしてしまいかねません。
Img_2132
そこで対策として、容量の大きなオルタネーターを取り付けたいと思います。
同じ大きさのオルタネーターで容量だけ上げるとこが出来れば簡単なんですが、どうもそういうわけには行かないようです。
Img_2137
ブラケットを付け替えて、容量の大きなオルタネーターが取り付けできるか検証します。
まあ、PSAのTUエンジンは、触りなれているので頭の中ではだいたいの構想が出来上がってるんですけどね。
Img_2143
鉄くずゴミの中から、オルタネーターの“殻”を拾ってきて現物合わせ中。
Img_2146
どうですか?
Img_2147
これと、
Img_2150
こいつ(エアコンコンプレッサーのブラケット)のここが邪魔なので、それさえクリアすれば何とかなりそうです。
とりあえず、必要な部品を揃えることにします。
Img_2155a_2
フロントバンパーが下がっていたので位置の調整。
調整幅いっぱいでこれが限界。少しはよくなったかな?

|

« テンサンラリーのストライプを考える | トップページ | クリオ2、ルーテシア1、縦サンクとか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60244/46312827

この記事へのトラックバック一覧です: サンクアルピーヌの配線の続きと、106ラリーのオルタネータ検証:

« テンサンラリーのストライプを考える | トップページ | クリオ2、ルーテシア1、縦サンクとか »