« クリオのハブベアリングとAXの燃料タンク | トップページ | ステーがもう出来た!タンクがもうついた! »

2009年2月 7日 (土曜日)

306の車高調整

Img_7817
昨日寸法取りしたシトロエン AXの燃料タンクの取り付けステーを考えて、CADで図面を描きました。
こんな感じのステーを作れば、うまくいくはず。
Img_7811a
入荷したパーツを板金屋さんに配達しがてら、さっき描いた図面を業者さんに持ち込んで打ち合わせ。
競技用パーツをワンオフで作ってくれる業者さんです。なんだか随分本格的になってきた?
それにしても、この2リッター 5速マニュアルのクサラブレーク、バンパーとかの大物パーツを運ぶのに非常に便利です。役に立ちます。

Img_7819a
こちらはプジョー 306。リアの車高を下げて欲しいという依頼で入庫しました。
Img_7820
まずは元の寸法をチェック。
Img_7827
リフトアップして、リアのサスペンションをいじります。
スタビをずらして……、トーションバーが半分砂に埋まってますね。
Img_7831
トーションバーを抜いて、コマ位置の調整。左右同じことをします。
Img_7836
タイヤをつけてリフトから降ろして採寸。ダメならまたトーションバーのコマ位置を調整して…の繰り返し。
Img_7840
最終的に45mmほど落としたところで落ち着きました。外観はこんな感じ。
クリアランスがギリギリですが、リアホイールにスペーサーが噛ましてあるので、ヒットするようならスペーサーをはずしてしまえばいいでしょう。

|

« クリオのハブベアリングとAXの燃料タンク | トップページ | ステーがもう出来た!タンクがもうついた! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60244/43994549

この記事へのトラックバック一覧です: 306の車高調整:

« クリオのハブベアリングとAXの燃料タンク | トップページ | ステーがもう出来た!タンクがもうついた! »