« 2009年初めのいろいろ | トップページ | ATフルード換えて換えて20リットル »

2009年1月 9日 (金曜日)

パンダとCLK

Img_7306a
今日は、まずフィアット パンダ スポルティーバの作業から。
昨年末に入庫して、不具合箇所のチェックを済ませていたパンダです。
Img_7309
異音の発生していた右リアハブベアリングの交換。
Img_7317
ドアトリムをばらして、
Img_7316
パワーウィンドウレギュレータを交換しました。

Img_7326
メルセデス・ベンツ CLK240は、クーラントが減って警告灯が点灯するということで入庫しました。
ですが、外観チェックでクーラントが漏れている形跡はナシ。
で、いろいろ点検した結果…
Img_7373
これはオートマチックフルードを抜いているところ。
どうやら、ATフルードのヒートエクスチェンジャーがパンクして、オートマオイルにクーラントが混ざってしまったようです。
Img_7377
ミルクティーではありません。ATフルードです。
なくなったと思っていたクーラントは、AT内部に流れ込んで、ATオイルを乳化させていました。
Img_7333
ATフルードのヒートエクスチェンジャーは、ラジエターと一体型なので、ラジエターASSYを交換します。
Img_7360
左がパンクしたラジエター、右が新品のラジエターです。
パンクしているラジエターに外観の不具合はありません。
Img_7358
ATオイルクーラーのパイプ接続部から中を覗いたところ。乳化したATフルードが見えます。
Img_7361
ラジエターを交換したところで、今日のところは終了。
AT内部がきれいになるまで、ATフルードを交換。冷却回路内部がきれいになるまでクーラントを交換して様子を見ることにします。

|

« 2009年初めのいろいろ | トップページ | ATフルード換えて換えて20リットル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60244/43692363

この記事へのトラックバック一覧です: パンダとCLK:

« 2009年初めのいろいろ | トップページ | ATフルード換えて換えて20リットル »