« ついでついでと、つい… | トップページ | エグザンティア車検 »

2008年8月21日 (木曜日)

エグザンティアと106

Img_5344
エンジン不調で入庫中のエグザンティア ブレークは、昨夜、エンジンを掛けた直後だけアイドリングがばらつく症状が出ました。
でも、調子が悪かったのはほんの短い間だけ。すぐに調子を取り戻して今は普通に走れます。
Img_5346
原因がはっきりしませんが、スロットルを清掃して様子を見ることにします。
Img_5352
スロットルボディやアイドルコントロールバルブをはずして、きれいにクリーニングしました。
Img_5359
エアフィルターはまだきれいなので清掃のみ。スパークプラグは交換しました。
これでまた元へ戻してしばらく様子を見ることにします。
元々症状が出なかったので、直ったのかどうか判断しにくいのが困りものですが…。

Img_5360
プジョー106S16、こちらもエンジン不調で入庫中です。
今のところエンジンの調子は良好ですが、試運転していると、エンジンの振動が気になったので、ユーザーさんに説明してエンジンマウントを交換させてもらうことにしました。
Img_5363
エンジンECUをはずして、エンジンマウントにアクセスします。
Img_5369
エンジンマウントがはずれました。
Img_5365
で、マウントをはずしてみてびっくり。
エンジンマウントと、エンジンマウントのステーをつなぐボルトが折れていました。
このボルトが折れてしまったため、エンジンのステーが直接インナーフェンダーに当たって、振動が大きくなっていたようです。
Img_5367
マウント、マウントのサポート、あと、ボルトも交換します。
左が新品、右がはずした部品です。この写真で、マウント自体も下がっていたのが確認できます。
Img_5371
新しいマウントを取り付けました。あとははずした部品を元通りに組みつけていって完成です。
振動もなく静かな車になりました。

|

« ついでついでと、つい… | トップページ | エグザンティア車検 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60244/42233156

この記事へのトラックバック一覧です: エグザンティアと106:

« ついでついでと、つい… | トップページ | エグザンティア車検 »