« C4のオイル交換、106は追加部品待ち | トップページ | 106の明暗 »

2008年4月 7日 (月曜日)

専用パーツの多い並行車はちょっとした賭け? アウディA2

Img_2654
中古車のアルピーヌ A610です。
ブロワーレジスターを新品パーツに交換しました。
Img_2712
ウィンドウウォッシャーホースのジョイントも折れやすいので、転ばぬ先の杖で交換しておきます。
ついでにホースも交換しました。
新しいホースは透明度が高くて気持ちいいです。

Img_2714
アルピーヌはまだ売れていないので、適当なところで切り上げて、今度はアウディ A2です。
Img_2717
フロントのブレーキパッドとローターが磨耗限度に近いです。交換します。
Img_2718
新旧パーツ比較。
新品部品は、あらかじめ本国バックオーダーをかけて手配しておきました。
すぐにパーツの入手が難しい車種の場合、早めにパーツを準備しておくのが懸命です。
Img_2721
新しいパッドとローターがつきました。
Img_2728
左フロント、内側のパッドにのみ磨耗センサーがついていました。
ギリギリまで減っているのがわかります。
Img_2723
キャリパーのピストンを戻すとフルード液面が上昇します。溢れないようにあらかじめ抜いておくのも肝心です。
Img_2733
こちらも新しいパッドとローターがつきました。

Img_2738
A2はまだ作業があります。
運転席ドアストッパーの交換です。ドアを開閉するとバキバキとすごい音がします。また開けたままの状態で保持ができません。
こちらもあらかじめパーツを手配して準備しておきました。
Img_2746
新旧のパーツを比較します。
古いパーツはガタが出て耐え切れなかったのかリベットが千切れてしまっていました。
それにしてもさすがA2といったところでしょうか、こんなところにも軽合金が使われています。
Img_2750
ストッパーを交換して正常な状態に戻りました。
部品が足りなかったり、違っていたらどうしようと思いましたが無事に修理できてよかったです。

|

« C4のオイル交換、106は追加部品待ち | トップページ | 106の明暗 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60244/40805626

この記事へのトラックバック一覧です: 専用パーツの多い並行車はちょっとした賭け? アウディA2:

« C4のオイル交換、106は追加部品待ち | トップページ | 106の明暗 »