« 106のハブベアリングとスピダーのエキマニ | トップページ | エグザンティアターボのLHMホース »

2008年3月29日 (土曜日)

トゥインゴ、スピダー、ルーテシア

Img_2539
ルノー トゥインゴはシリンダーヘッドの横からクーラントが漏れていました。
水温センサーを触ったら、ポロッと千切れてしまいました。
センサーにクラックが入って、そこからクーラントが漏れていたようです。
Img_2541
センサーの根元が残ってしまっているので、プレートごとはずして交換します。
Img_2542
中古のプレートと水温センサーを使用しました。
クーラントを補充して終わりです。

Img_2552
ルノー スポールスピダーは、エンジンに火を入れて、昨日巻きつけたインシュレーションラップを焼きます。
しばらくの間、煙がモクモクと出てきます。
Img_2559
エンジンオイルの交換も頼まれてました。
まだきれいでちょっともったいないですが交換しました。

Img_2563
最後は、ルノー ルーテシア16Vのエンジンオイルとオイルフィルターの交換です。
Img_2568
スパークプラグを点検したら、減っていたので新しいプラグに交換しました。

|

« 106のハブベアリングとスピダーのエキマニ | トップページ | エグザンティアターボのLHMホース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60244/40681618

この記事へのトラックバック一覧です: トゥインゴ、スピダー、ルーテシア:

« 106のハブベアリングとスピダーのエキマニ | トップページ | エグザンティアターボのLHMホース »