« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月31日 (月曜日)

エグザンティアターボのLHMホース

Img_2570a
シトロエン エグザンティア アクティバ ターボCTがLHMオイル漏れの修理で入庫です。
Img_2572
アンチロールジャッキのLHMホースからLHMオイルが漏れているのでホースを交換します。
Img_2573
オイルまみれになりながらホースをはずします。
Img_2580
ホースがはずれました。作業の邪魔になるものもはずしてます。
Img_2579
新旧のホースです。漏れているのは1本だけですが、ついで&念のために2本とも交換します。
よく似たホースですが、わずかに長さが違います。
Img_2582
新しいホースの取り付け。
Img_2589
元通りに戻して、スチーム洗浄しました。
試運転して漏れが無いか確認することにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月29日 (土曜日)

トゥインゴ、スピダー、ルーテシア

Img_2539
ルノー トゥインゴはシリンダーヘッドの横からクーラントが漏れていました。
水温センサーを触ったら、ポロッと千切れてしまいました。
センサーにクラックが入って、そこからクーラントが漏れていたようです。
Img_2541
センサーの根元が残ってしまっているので、プレートごとはずして交換します。
Img_2542
中古のプレートと水温センサーを使用しました。
クーラントを補充して終わりです。

Img_2552
ルノー スポールスピダーは、エンジンに火を入れて、昨日巻きつけたインシュレーションラップを焼きます。
しばらくの間、煙がモクモクと出てきます。
Img_2559
エンジンオイルの交換も頼まれてました。
まだきれいでちょっともったいないですが交換しました。

Img_2563
最後は、ルノー ルーテシア16Vのエンジンオイルとオイルフィルターの交換です。
Img_2568
スパークプラグを点検したら、減っていたので新しいプラグに交換しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月28日 (金曜日)

106のハブベアリングとスピダーのエキマニ

Img_2499
プジョー 106 ラリーのリアハブベアリングがやっと入荷しました。
Img_2500
ドラムに圧入されているベアリングを取り替えました。
Img_2512
ブレーキライニングも減っているので取り替えます。
リーディングシューはセルフサーボが働くので、トレーリングシューより磨耗が早いです。
Img_2517
ブレーキライニングをバックプレートに取り付けして、ドラムをかぶせます。

Img_2523
こちらはルノー スポールスピダーです。
Img_2525
エキゾーストマニホールドをはずしました。
Img_2527
はずしたエキマニです。
これにエキゾーストインシュレーターを巻きます。
Img_2533
巻き巻き。
ガラス繊維なので取り扱いに注意。
Img_2535
巻けました。
Img_2537
もう一度車両に取り付けます。
エンジン出力の向上やエンジンルーム内の温度低下などの効果があります。
今日は少し寒いので試運転はやめておきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月27日 (木曜日)

リモコンロックの裏ワザ

ふと思い立ったので、やってみました。

Img_2476
この写真はプジョーのリモコンドアロックの受信機と送信機です。
左が505、405ぐらいまで使われていたタイプ。右が初期の306などで使われていたタイプです。
シトロエンも同形式のものを使っていました。
左はCXやBXなど、右はZXや最終型AXなどがそれに該当します。
Img_2480
受信機の端子部分を見ると、左が2列8ピン。右が1列5ピンと形状が違います。
ですが、実は、このどちらも実際に使用しているのは4本だけで、インフラレッド(赤外線方式)と呼ばれる作動原理も共通なので、配線を組み替えると互換パーツとして使用できるのです。
Img_2482
では、実験してみましょう。
旧型(左側)のリモコンを使用していたプジョー405に、少し新型(右側)のリモコンを取り付けしてみることにします。
ちょうど部品取り車からはずして取っておいた1列5ピンカプラもありました。これを使って変換カプラを作りましょう。
Img_2487
車両側の受信機はルーフ前方ルームミラー根元付近にあります。
ルーフコンソールをはずして、2列8ピンカプラに、先ほどの1列5ピンカプラをつなげてカプラを変換させました。
いつでもすぐに元に戻せるように、車両側配線には一切手を加えてません。必要であればすぐに2列8ピンカプラに戻せるようにしてあります。
配線の接続順は…これもノウハウのひとつですのでここでは企業秘密ということにしておきましょうか(笑)

配線図があればすごく簡単なことなんですが、どこへしまったのか探しても見つからなかったので、初心に戻ってテスターで調べながら作業しました。
Img_2486
受信機はルーフコンソールの内側に取り付けします。長さが半分ぐらいしかありませんが、幅はほぼ同じで少しの加工できっちり収まります。
受信部がむき出しになるとかっこ悪いので、前の受信機からレンズだけはずして再利用しました。
Img_2494
そして取り付けしたのがこの写真。外観はまったく変化なしです。
もちろんリモコンも問題なく作動します。
Img_2496
最後にキーホルダータイプの送信機をキーに付け直して終了です。

参考になるケースは少ないと思いますが、こんなこともできますよというお話でした。おしまい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年3月26日 (水曜日)

代車の修理

Img_2452
代車で活躍中の軽自動車はウォーターポンプが壊れていました。
Img_2455
まだ車検が残っていて捨てるのはもったいないので、ウォーターポンプを交換することにしました。
Img_2457
小さなエンジンですが、なかなか立派なウォーターポンプです。
Img_2460
新しいウォーターポンプを組み付けて完成です。再び代車として活躍してもらいます。

Img_2462
プジョー 106S16はエンジンオイルの交換などの作業で入庫です。
エンジンオイルを抜いています。
Img_2466
スパークプラグも電極が減っているので交換しました。
Img_2464


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月25日 (火曜日)

イニシャルトーク?

Img_2442
この写真は、中古車のアルピーヌ A610のエアコン関係の点検をしているところ。
Img_2443
こちらは、代車の軽自動車が壊れてしまったので、部品を手配するために点検しているところ。
Img_2449a
で、最後の写真はオークション会場入り口付近で。
LのH氏が乗ってきた、T市のK店においてあったR店S氏名義のプジョー 306 カブリオレの搬入です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月24日 (月曜日)

スピダーのタペットカバー

Img_2425
ルノー スポール スピダーがタペットカバーからのオイル漏れ修理で入庫しました。
Img_2428
タペットカバーをはずして、パッキンを交換します。
Img_2431
タペットカバーを清掃したら、パッキンを取り替えて、元通りに組み付けておしまいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月23日 (日曜日)

コンプレッション点検他

Img_2409
シトロエン AX GTがエンジンコンプレッションの点検他で入庫しました。
Img_2414a
今日のところは各部を点検するのみ。
いくつか不具合が見つかったので、パーツを手配して、後日改めて修理にかかります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月21日 (金曜日)

エグザンティアのヒーターホース交換

Img_2363
シトロエン エグザンティア ブレークが水漏れ修理で入庫しました。
Img_2366
サーモスタットの横のヒーターホースが怪しいです。
Img_2369
ヒーターホースの裏側に穴が開いていました。ここからクーラントが漏れていたようです。
Img_2374
ヒーターホースを取り替えます。サーモスタット横→ヒーターコア→ウォーターポンプ後ろへと続く長いホースです。
タペットカバーが邪魔なのではずして作業します。
Img_2380
ホースがヒーターコアにこびりついていてなかなかはずれません。
ホースが割れてしまいました。
Img_2384
何とかはずれました。ホースは交換するので割れてもいいですが、ヒーターコア側は絶対傷つけないように。ヒーターコアの交換は大変です。
Img_2389
長いホースです。いい値段します。
Img_2387
ヒーターコアへつながる部分はプラスチックになっています。なかなかはずれなくてバラバラになってしまいました。
Img_2396
新しいホースがつきました。
Img_2399
タペットカバーをはずしたので、パッキンも取り替えます。
あとは元通りに組み付けて、クーラントのエア抜きをして終わりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月20日 (木曜日)

【在庫車のご案内】アルピーヌA610

中古車のご案内です。
Img_2342
RENAULT ALPINE A610
1991年 検無 1.1万km 青M
左ハンドル 5速マニュアル エアコン パワステ パワーウインドウ レザーシート アルミホイール ETC ディーラー車 リサイクル済別
Img_2351

Img_2355
価格はご相談ということで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月17日 (月曜日)

こういう車に乗ってると時々あるんです…

Img_2319a
ロータス23はブレーキのエア抜きを実施。板金屋さんに用事があったので試運転ついでに出向きました。
板金屋さんとの立ち話で「こんな車に乗っててお巡りさんに止められない?」って話題になったんですが…
帰り道、パトカーとすれ違って実は…これ以上は書けません(苦笑)
物騒なことを口にするもんじゃないですね。
Img_2322
昨日、ブレーキキャリパーを交換したフィアット プントHGTもブレーキのエア抜きをして試運転。
奥のプジョー 106ラリーは、クーラント漏れ修理で部品待ちの車両と、トランスミッションのオーバーホールで入庫した車両です。
Img_2324a
トランスミッションのオーバーホールで入庫したプジョー 106ラリーです。ミッションの他にもいろいろ作業します。
Img_2326
走行中に異音がするということで、各部を点検していきます。
これはハブベアリングが完全にだめになってます。
Img_2338
バックプレートの取り付けボルトに傷が付いてしまってますね。
Img_2337
ついでにホイールシリンダーも点検。
交換部品を手配して、作業を開始することにします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年3月16日 (日曜日)

ロータス23とフィアットプントのブレーキ

Img_2270
ロータス23のブレーキマスターシリンダーです。
新品の部品がすぐ入荷しました。
Img_2280
外観に少しだけ違いがありますが、問題なく取り付けできました。

ラジエターホースがフレームにつながっているのは、フレームの中をクーラントが流れているから。
ミッドシップに搭載されたエンジンとフロントのラジエターとを、クーラントがフレームのパイプ中を行き来しています。
Img_2283
マスターシリンダーはフロント・リアそれぞれ独立しています。
プッシュロッドで調整します。
Img_2285
エア抜きをしたいのですが、今日は手伝ってくれ人がいなかったので作業は保留です。

Img_2286
フィアット プントHGTもブレーキのメンテナンスをします。
Img_2287
キャリパー、ローター、パッド、ホースの取替です。
Img_2293
パッドもローターもかなり磨耗しています。交換時期です。
ローターとハブがずれているのはローターが固定されていないから。おそらくホイールスペーサーの都合でハブ面にボルトが使えないためでしょう。
Img_2294
交換部品をはずしました。
Img_2299
新しいパーツを取り付けします。
キャリパーは対向4ピストン、ローターは2ピースタイプです。
キャリパーのセンター出しとスリット入りローターの回転方向に注意しましょう。
Img_2309
いろいろ省略してますが、反対側も取替完了。
Img_2316
今日はエア抜きができないのでここで作業を一旦保留にしておいて、ホイールと干渉しないかチェックしておきました。
クリアランスには余裕がありそうです。明日エア抜きをして完成です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月15日 (土曜日)

ルノー2台

Img_2259
中古車のアルピーヌ A610です。
ウィークポイントのディスビローターを交換しました。
Img_2261
はずしたローターはヒビが入っていました。交換して正解です。
Img_2264
ルノー ルーテシア16Vは助手席側ドアロックモーターの交換などで入庫。
Img_2263
新旧のドアロックモーター。見た目の違いはありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月14日 (金曜日)

ブレーキパッドが?マスターシリンダーが!

Img_2230
ロータス23のフロントキャリパーです。分解しました。
中をきれいにして再度組み付けします。
Img_2241
キャリパーを取り付けして、パッドを組み付けしようとしたところ、内側のブレーキパッドがうまく収まらないことに気がつきました。
Img_2240
どうも摩擦材の形状が悪くてキャリパーホルダーに当たってしまっているようです。
Img_2247
グラインダーでパッドを削って逃がしを作って取り付けすることにしました。
以前にパッドを組み付けた人は、気付かずに組み付けしてしまったのでしょう。
左右とも同じ状態だったので、両側同じよう加工して組み付けしました。
Img_2251
フロントマスターシリンダーも分解・点検してみます。
Img_2253
狭くて作業しにくいですが、何とかはずれました。
Img_2258
うわー、これはひどい。中はサビサビです。
交換したほうが良さそうですが、部品はあるのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月13日 (木曜日)

ブレーキホース取替

Img_2215
ロータス23のブレーキホースです。
ステンレスメッシュホースで同じ形状のものを作りました。
Img_2220
右側交換。
Img_2226
左側も。そしてエア抜き。
と、ここへきてキャリパーの動きがまたおかしくなりました。
やっぱりどんどん深みにはまっていってる気がします…


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月11日 (火曜日)

ロータス23のハブ

Img_2191
ロータス23です。どんどん深みにはまっていってる気がします。
Img_2194
ハブを分解したので、ベアリングのグリスを詰め替えました。
Img_2198
んー。どうですかね、これ。
Img_2205
キャリパーのホース接続部分。ヘリサートが入ってます。古い車はいろいろありますね。
Img_2208
ホースもブヨブヨしてよくないので交換することにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月10日 (月曜日)

留守にしてました

今日は、調整の都合で一日中オークション会場にいました。
なのでブログにネタになるようなことは何もないのです。すいません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 9日 (日曜日)

ロータス23のブレーキ

たまには更新しないとそろそろあの方あたりからお叱りの電話をいただきそうなので…

Img_2172
ロータス23は、先日試運転したときにフロントブレーキに異常を見つけたので点検。
Img_2182

Img_2175
アルピーヌA610は、在庫車両です。ただいま仕上げ中です。
Img_2189
プジョー106ラリーは、以前クーラント漏れが見つかった車両です。
Img_2184
様子見をしていたら状況が悪化してきたので修理入庫しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 4日 (火曜日)

新しいPCに四苦八苦

先週、新しいパソコンを導入しまして、今いろんなドライバーをインストールしたりセットアップをしてる最中なんですが、これが思ったようになかなかうまくいきません。
そんなわけで、ブログの更新も滞り中です。A610も塗装が終わって戻ってきたんですけどね。今はそれどころじゃないですわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »