« 106エアホーン取付、クサラ試運転 | トップページ | オイル交換2台、車がいっぱい »

2008年2月16日 (土曜日)

106のシフトリンクとクサラのスピードセンサー

Img_1929
プジョー106ラリーのマフラー遮熱板びびり音と、シフトリンケージのきしみ音の対策をします。
Img_1934
遮熱板をはずして、シフトレバー下のシフトピンとシフトソケットを取り替えます。
Img_1941
古いシフトピンは少し磨耗しています。新しいシフトピンはボルト部分が少し長くなっているようです。
Img_1944
やっぱりボルトが少し長すぎです。5速とバックに入れるときに、フロアトンネルに接触してしまいます。
Img_1947
ボルトを少し削り落としました。これで大丈夫。
あとは遮熱板の位置を調整しながら元通りに組み付けて、ビビリ音が再発しないか様子をみることにします。
Img_1949a
次は、シトロエン クサラ ブレークのスピードセンサー交換。
Img_1952a
と、その前に、シトロエン クサラ 1.6のエンジンオイル交換。
Img_1955
もう一度、クサラ ブレークに戻って、新旧のスピードセンサー。
ときどき、スピードメーターが動かなくなるそうです。
Img_1957
結局、入庫中に不具合の確認が出来ませんでしたが、今までの経験から判断して交換してしまいます。

|

« 106エアホーン取付、クサラ試運転 | トップページ | オイル交換2台、車がいっぱい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60244/40168540

この記事へのトラックバック一覧です: 106のシフトリンクとクサラのスピードセンサー:

« 106エアホーン取付、クサラ試運転 | トップページ | オイル交換2台、車がいっぱい »