« スーパーユーロトロフィー 第6戦 | トップページ | (中古車)シトロエン BX 16TRS »

2007年11月14日 (水曜日)

見えないところでオイル漏れ

Img_1164
先週、ブレーキコントロールバルブからLHMオイル漏れが発覚したシトロエン エグザンティア SXを修理しました。
Img_1169
ブレーキコントロールバルブをはずすのに、エアクリーナーケースと一体型のタペットカバーが邪魔になるのではずしてしまいます。
Img_1184
ブレーキコントロールバルブがはずれました。狭くて苦労します。
Img_1182
これがブレーキコントロールバルブ。
プッシュロッドのブーツが破れてオイル漏れを起こしていました。
ちなみにこのブレーキコントロールバルブは、一般的なマスターシリンダーとは違って、ここで油圧を発生させるのではなく、アキュームレーターにあらかじめ蓄えられていた油圧を開放する役目をしています。
Img_1189
はずした部品を元へ戻していきます。
リターンホースが硬化してしまってボロボロです。部品の在庫がないので代用品を切り継ぎして使いました。
Img_1198
タペットカバーをはずしたので、パッキンも交換です。
Img_1200
最後は当然エア抜き。LHMオイルが汚れていたので、少し多めに抜きました。
Img_1204
LHMオイル漏れは止まりましたが室内が…
ブレーキコントロールバルブからのLHM漏れは、地面に垂れずに室内へ流れ込んでしまうので、発見が遅れがちです。見つかったときにはもうこの状態。
Img_1207
カーペットをめくると、ここにもしっかりとLHMオイルが。
時間がかかりますが、新聞紙などを使ってなるべくきれいにしていきます。

|

« スーパーユーロトロフィー 第6戦 | トップページ | (中古車)シトロエン BX 16TRS »

コメント

毎回勉強になります!私が作業出来る範囲を超えてますが楽しいッス(笑)

投稿: ジャックン | 2007年11月16日 (金曜日) 午前 01時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60244/17079842

この記事へのトラックバック一覧です: 見えないところでオイル漏れ:

« スーパーユーロトロフィー 第6戦 | トップページ | (中古車)シトロエン BX 16TRS »