« キャリパーのオーバーホール | トップページ | エグザンティアの継続検査 »

2007年10月11日 (木曜日)

ルーテシアのドアハンドルは割れやすい

Img_0278a
ルノー ルーテシア 16Vです。いろいろ作業しました。一部をご紹介。
Img_0280
助手席のドアインナーハンドルが浮いています。部品を交換します。
少し前に運転席側も交換したばかりです。割れやすい部品です。
Img_0283
ドアハンドルの交換だけならトリムをはずす必要はありませんが、他の作業もあったのと、割れた破片を拾いたかったのでトリムをはずしました。
Img_0288
新旧のパーツとドアから救出したプラスチックの破片です。
Img_0294
エアフィルターの交換もしました。高効率タイプのコットンフィルターです。
あとは依頼を受けていたあんなことやこんなこともしました。(ご想像にお任せします。)

おっと、そういえばこんな作業もしましたねぇ。こちらで紹介しなくても、あちらでご紹介ただいたようです(笑)いつもお世話になってます。

|

« キャリパーのオーバーホール | トップページ | エグザンティアの継続検査 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60244/16735337

この記事へのトラックバック一覧です: ルーテシアのドアハンドルは割れやすい:

« キャリパーのオーバーホール | トップページ | エグザンティアの継続検査 »