« 110、106、クサラ、エグザンティア | トップページ | 2CVのオルタネーター »

2007年9月29日 (土曜日)

排気管干渉、106シフトリンケージとセニックヒートシールド

Img_0034
昨日、検査を受けたプジョー 106 ラリーに3インチ5点式シートベルトを取り付けします。
Img_0037
太いベルトがバケットシートによく似合います。
Img_0061
エアフィルターの交換もします。リプレイスタイプのJRフィルターです。
Img_0063
作業をもう一つ。排気管とシフトリンケージが干渉しています。
Img_0066
リンケージを加工して位置を調整しました。これで干渉は無し。もう大丈夫でしょう。

Img_0046
アルピーヌ A110です。デスキャップのカーボンは使えそうなものがありました。
Img_0040
カーボンをつけたデスキャップの内側です。本来はこうなっています。
Img_0042
エンジンは調子良さそうに回ってます。
Img_0074
IGコイルも今のところ、異常に熱くなることはないようです。
試運転したいところですが、今日は雨なので止めておきましょう。

Img_0067
先日、スピードセンサーを交換したルノー メガーヌ セニックです。
まだ作業が残っています。走行中、下回りから異音がするそうです。リフトアップして下回りを点検します。
Img_0070
原因はすぐにわかりました。遮熱板が曲がってマフラーパイプに干渉しています。
何か引っ掛けたのでしょうか。
Img_0072
遮熱板を元に戻したら、マフラーパイプに擦れた跡が残っていました。

他にも数台メンテしましたが、記事が多くなってしまったので割愛します。

|

« 110、106、クサラ、エグザンティア | トップページ | 2CVのオルタネーター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60244/16617749

この記事へのトラックバック一覧です: 排気管干渉、106シフトリンケージとセニックヒートシールド:

« 110、106、クサラ、エグザンティア | トップページ | 2CVのオルタネーター »