« CXとClio | トップページ | TEAM182 マフラー交換 »

2007年7月30日 (月曜日)

鉄くず運搬とXantiaのブレーキ

今日は地元のオークション開催日です。出品車両は先週回送済みです。
価格調整と書類提出のためにオークション会場へ出向きました。
Dsc05804
オークション会場の隣に、自動車リサイクル工場があります。オークションへ行くついでに、しっかり溜め込んでいた産業廃棄物や鉄くずを持っていきました。
Dsc05809
マフラーやディスクローター、ラジエターに足回りパーツなどなど用済みパーツがたくさん。

Dsc05811
重さにして370kgほどありました。自動車部品としてはただのごみですが、鉄くずとしては価値があります。今、鉄は買取してもらえるのです。
Dsc05813
しっかりリサイクルしてもらいましょう。

オークションに出品していた車は希望価格以上で無事に売れてくれました。こちらもしっかりリサイクルしてもらいましょう。

Dsc05817
さて、店に戻って次はシトロエン エグザンティアブレークの車検です。
Dsc05818
四輪のディスクローターとブレーキパッドを交換します。
これはリアブレーキ。
Dsc05820
キャリパーがパカッと。
Dsc05821
毎度恒例新旧パーツ比較。
Dsc05823
はい、付きました。
Dsc05828
反対側もササッと作業して、次はフロント。
ディスクローターを止めている皿ビスがすごく錆びています。はずすのに苦労しました。
Dsc05829
で、はずしたところがこの写真。
Dsc05831
こちらもパーツをしっかり比較。パーツが間違っていると取り付けできません。
Dsc05833
はい、取り付け完了。サイドブレーキの調整も忘れずに。
Dsc05834
反対側も… おや?キャリパーが開きません。ピストンが引っかかります。
Dsc05835
ピストンを回してキャリパーを開いてみると…
パッドのキーがピストンの溝にはまっていなかったようです。ピストンの溝じゃないところが凹んでいます。
前回のブレーキパッド取り付け時にいい加減な作業がされていたようです。
Dsc05841
何はともあれ交換作業完了。
Dsc05861
キャリパーを割っているので、エア抜きを実施。

写真が多くなってしまったので、今日のところはここまでとしましょう。

|

« CXとClio | トップページ | TEAM182 マフラー交換 »

コメント

何と言うことでしょう!前回のフロントパッドはシトロエンの某指定
工場でやってもらったのに・・・まあ作業する人の問題なんですがね
・・・・
見当違いの診断で高い見積もりが出るは最悪でしたよ。看板にだまされては行けません!!!!!!!   

投稿: Xantiaオーナー | 2007年7月31日 (火曜日) 午後 06時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60244/15955203

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄くず運搬とXantiaのブレーキ:

« CXとClio | トップページ | TEAM182 マフラー交換 »