« 特殊工具がありませんでした | トップページ | フェラーリのSSTを作りました »

2007年7月18日 (水曜日)

206と500、エンジンマウントとハブベアリング

Dsc05449a
プジョー 206 S16です。エンジンを掛けると、フロアから打音が聞こえます。
Dsc05452_1
エンジンを支えているマウントが壊れていてボディに干渉し、エンジンの振動が車体全体に響いてしまってます。
Dsc05453
エンジンマウントのステーをはずしてみると、マウントがすごいことに。
Dsc05458
新しいマウントと比較するまでもないです。見事に千切れてしまっています。
Dsc05461_1
新しいマウントを取り付けします。
Dsc05464
完成です。エンジンを掛けてもフロアが共振するような音は出なくなりました。
Dsc05465
しかしまだエンジンの位置は正常ではないようです。マフラーの位置がずれてしまっています。
エンジン・ミッションは3箇所で固定されています。他のマウントもダメになっているようです。
予算の都合もあるので、今回はここまでの作業です。

Dsc05468a
まだまだ修理車があります。フィアット チンクエチェントは足回りから異音が発生します。
Dsc05472
フロントのハブベアリングを交換します。
Dsc05488
古いベアリングは磨り減っています。あまり段差がなくてはずすのに苦労しました。
Dsc05491
新品だとこんな風。違いがわかるでしょうか?
Dsc05473
インナー、アウター、シールの構成です。
Dsc05475
古いベアリングは磨り減って傷が入っていました。
Dsc05478
グリスを詰めて車両に取り付けします。
遅くなってしまったので、今日はこれでおしまいにします。

|

« 特殊工具がありませんでした | トップページ | フェラーリのSSTを作りました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60244/15820219

この記事へのトラックバック一覧です: 206と500、エンジンマウントとハブベアリング:

« 特殊工具がありませんでした | トップページ | フェラーリのSSTを作りました »