« アウディA2のエンジンチェックランプが点灯 | トップページ | 106ラリーのステッカー張替え »

2007年5月15日 (火曜日)

整備内容が優先か、費用が優先か…

Dsc03084a
委託で預かっていた中古車のプジョー 106 ラリーは買い手が決まり、少し前から納車整備を始めていました。今日はタイヤ交換です。スペアを含め5本全部新品タイヤに交換しました。
Dsc03089_1
こちらはすでに長期入庫になりつつあるASA 1000GTです。ポイントレス化加工のため、ディストリビューターをはずして、電装メーカーへ送ります。
Dsc03091_1
ポイントレス化加工は1週間~10日ほど掛かるそうです。ディストリビューターが戻ってくるまで、ASA 1000GTはしばらく動けません。

Dsc03094
先週末、作業途中のままだったシトロエン CX プレステージュです。配線の引きなおしは進んでいますが、まだスターターの配線が残っています。ヒートシールドは邪魔なので、はずしてしまいましょう。
Dsc03097
古くなったケーブルは、折り曲げると劣化した被覆がパリパリと割れてしまいます。
Dsc03099
ケーブルは新しく作り直しです。純正パーツを使うより、作っちゃった方が早いしきれいに出来ます。
というか、もはやこれぐらいの年式の車種は純正部品の供給があるかどうかも怪しいですけどね。
Dsc03101
作ったケーブルを取り付けしたところ。
Dsc03104
バッテリー付近を上から見ると、こんな感じでまとまりました。
Dsc03106_1
別角度から。まだまだ煮詰めることは出来ますが、予算の都合もありますのでこれぐらいが妥協点でしょう。
Dsc03113_2
ガソリン漏れと排気漏れは応急処置でしのぐことになりました。不具合を見て見ぬ振りをするのは気が進みませんが、勝手に修理するわけにもいきません。
Dsc03120
エアコンのチェックも依頼を受けてました。吹き出し口の温度を測ってみます。
24℃、コンプレッサーはつながってますがこれはぜんぜん冷えてませんねぇ。いや、むしろ温風です。まずいなぁ、エアコンにも手を入れるともう予算オーバーですよ。どうしましょう。

|

« アウディA2のエンジンチェックランプが点灯 | トップページ | 106ラリーのステッカー張替え »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60244/15087224

この記事へのトラックバック一覧です: 整備内容が優先か、費用が優先か…:

« アウディA2のエンジンチェックランプが点灯 | トップページ | 106ラリーのステッカー張替え »