« 燃料計の取り付け | トップページ | Enjoy Lido 車載動画 »

2007年4月 4日 (水曜日)

サーブ900 水漏れ修理

Dsc01668
先週、クーラント漏れで入庫したサーブ 900 ターボです。
注文していたホースが入荷したので早速交換します。
Dsc01670
漏れている場所はここです。ホースが見事に破れています。
Dsc01671
破れたホースをはずします。
Dsc01674
新しいホースが付きました。
Dsc01675
クーラントを補充して、エア抜きをして完成です。

Dsc01680
と思ったんですが、そうは行きませんでした。エンジンを回していると、クーラントが沸騰して噴き出してしまいます。クーラントがうまく循環していないようです。
それにしても汚い水です。これでは、エンジン内部やラジエターも褒められた状態ではないでしょう。
Dsc01683
サーモスタットを点検してみました。ここも錆が酷いです。サーモスタットはとりあえず抜いてしまいましょう。
Dsc01687
ユーザーさんから要望で冷却システムをフラッシングします。

ホースを交換すれば終わりかと思っていましたが、どうやら原因は別のところにありそうです。おそらくクーラントの巡りが悪く、温度が上昇して内圧が上がり、ホースの一番弱かった部分が裂けてしまったのでしょう。忙しいのにまた仕事が増えました。追々修理していくことにしましょう。

|

« 燃料計の取り付け | トップページ | Enjoy Lido 車載動画 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60244/14555601

この記事へのトラックバック一覧です: サーブ900 水漏れ修理:

« 燃料計の取り付け | トップページ | Enjoy Lido 車載動画 »