« 13日の金曜日?ウィリアムズ立ち往生 | トップページ | FUJI JAMBOREE 2007 »

2007年4月14日 (土曜日)

クラッチバラバラ事件

Dsc01982
エンジンストールで長期入庫していたプジョー 106 S16はやっと原因がわかりました。クランクセンサーがNGなので部品交換です。
Dsc01985
午前中の仕事を片付けて、昼過ぎに昨日ルノー クリオ ウィリアムズを預けたB・S・Eさんへ出向くともうサブフレームが降りていました。
Dsc01988
さて、トランスミッションを降ろしましょう。
Dsc01991
トランスミッションが降りました。ベルハウジングの中がキズだらけです。小さな金属片がいくつも出てきました。これはクラッチがやばいことになってそうです。
Dsc01994
クラッチカバーもキズだらけです。ダイヤフラムの歯先も不ぞろいになってしまってます。
Dsc01996
クラッチカバーをはずして、クラッチディスクを見てみると…
フェーシングがはがれて、ディスクがバラバラになってます。これはすごい!
Dsc01998
フライホイールは大丈夫そうです。
Dsc02001
クラッチを交換しましょう。もちろん、新品パーツです。
Dsc02004
しっかりセンタリングして、クラッチディスクとクラッチカバーが付きました。
Dsc02006
ミッションを載せて、はずしたパーツを組んでいきましょう。
Dsc02012_1
サブフレームが付きました。
Dsc02013
クラッチワイヤーとマウントは新品パーツに交換です。
Dsc02015
バンパーが付いて、ほぼ形になってきました。
ミッションオイルを入れて、今日のところはここまで。クランクセンサーの入荷待ちです。

|

« 13日の金曜日?ウィリアムズ立ち往生 | トップページ | FUJI JAMBOREE 2007 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60244/14680048

この記事へのトラックバック一覧です: クラッチバラバラ事件:

« 13日の金曜日?ウィリアムズ立ち往生 | トップページ | FUJI JAMBOREE 2007 »