« 臨時休業のお知らせ | トップページ | アルピーヌV6ターボとエグザンティアターボ »

2007年3月 6日 (火曜日)

チンクのクラッチ交換

Dsc00741
クラッチトラブルで入庫中ののチンクエチェントの部品が揃いました。早速交換作業にかかります。
Dsc00746
ドライブシャフトやセルモーターをはずして、トランスミッションを下ろします。
Dsc00754
トランスミッションが下りてクラッチが見えました。クラッチカバーのダイヤフラムが磨り減って折れてしまっています。
この状態でも十分手遅れな気がしなくも無いですが、自走不能になる前に修理ができてよかったです。
Dsc00756
新旧のクラッチ3点部品です。手前からベアリング、カバー、ディスク。当たり前ですが、新しい方のクラッチカバーはダイヤフラムの歯が揃っています。
古いクラッチは強化タイプが付いていたようですね。
Dsc00768
新しいクラッチが付いて、トランスミッションが載りました。試運転してクラッチ調整をします。
クラッチの異音は無くなり、クラッチの切れもよくなりました。

|

« 臨時休業のお知らせ | トップページ | アルピーヌV6ターボとエグザンティアターボ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60244/14163507

この記事へのトラックバック一覧です: チンクのクラッチ交換:

« 臨時休業のお知らせ | トップページ | アルピーヌV6ターボとエグザンティアターボ »