« ASAのオルタネータ点検 | トップページ | 販売車 プジョー106 1.3ラリー »

2007年3月17日 (土曜日)

V6ターボのドアロックモーター

Dsc01169
軽量化作業中のアルピーヌ V6 ターボです。
明日18日にロールケージの加工の為、横浜の別の業者さんへ運ぶので、それまでに作業を完成させなくてはいけません。
Dsc01183
最後はドアロックアクチュエーターをはずします。キーを使えば手動でもドアロックができるので、余分なモーターははずしてしまいます。
Dsc01171
普通、ドア内部にドアロック、車両側にストライカーというのが一般的ですが、アルピーヌV6ターボの場合それが逆になっていて、ドアにストライカーが付いていて、車両側がドアロックになっています。ですので、普通はドアについているロックノブがこのクルマの場合はリアサイドガラスの内側についています。
Dsc01184
ドア内側についているドアノブはエレクトリックスイッチになっていて、電気的にアクチュエーターに繋がっています。今回、ドア内側のドアノブをはずしてしまったので、このアクチュエーターは不要です。
万一に備えてこのクルマには、サイドシル内側のフロアに、ワイヤーでドアロックと物理的に接続されたドアノブが付いているので、アクチュエーターが無くても、それを使えばドアの開閉に支障ありません。
また、普通のクルマと同じように施錠用のドアロックモーターもあるので、都合二つのアクチュエーターをはずすことになります。
Dsc01187
二つのドアロックアクチュエーターがはずれました。左右で合計4個。1個の重さはわずかですが、まとまればそれなりの重さになります。軽量化のための地道な作業です。
Dsc01188
ドアロックアクチュエーターをはずすと、ドアロックとステーが分割されてしまうのでリベットで固定しました。
ドアロックを元通りに取り付けて完成です。
他にも残っている作業を実施して、明日横浜へ運びます。

|

« ASAのオルタネータ点検 | トップページ | 販売車 プジョー106 1.3ラリー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60244/14321533

この記事へのトラックバック一覧です: V6ターボのドアロックモーター:

« ASAのオルタネータ点検 | トップページ | 販売車 プジョー106 1.3ラリー »