« SPARCO シフトノブとペダルエクステンション | トップページ | ASAのオルタネータ点検 »

2007年3月15日 (木曜日)

小さなフェラーリ、ASA

Dsc01077
ルノー クリオ ウィリアムズはフォグランプが点灯しません。原因を調べて修理します。
Dsc01024
バルブもヒューズも切れていないようです。
Dsc01089a
配線を調べてみたらカプラが接触不良を起こしていました。カプラを掃除して接続しなおして作業終了です。
点灯するようになりました。

Dsc01081
見慣れないこのクルマはASA 1000GTというクルマです。フェラーリという名を冠してませんが、フェラーリが開発したクルマで、エンジン、シャシーともにジオット・ビッザリーニの設計です。1950年代後半に開発が始まり、1960年代に販売されていました。
Dsc01083
流麗なクーペスタイルは当時ベルトーネに在籍したジウジアーロのデザインです。
小さなフェラーリという意味の“フェラリーナ”と呼ばれています。
Dsc01082
水冷直列4気等エンジンをフロントに積んでいます。
古いイタリア車好きにはたまらないクルマです。ここでは事細かに解説しないので、詳しいことはネットや書籍で調べてみてください。
Dsc01093
こうしてリフトアップして下から見ると、このシャシーやサスペンションは思いっきりフェラーリっぽいですね。イギリスのロータスとか、フランスのアルピーヌとも違うイタリア・フェラーリの血筋を感じます。

このクルマはこれから各部の点検・整備をしていきます。
ああ、やっぱり古い車っていいですねぇ。

|

« SPARCO シフトノブとペダルエクステンション | トップページ | ASAのオルタネータ点検 »

コメント

アウトカプリコ様、はじめまして。
Katsuと申します。
Uさんの308つながりで、寄らせていただきました。
現在大改修中ですが、私も308を所有しています。

ASA1000GT、すごいですね!いいですね!
県内で所有している方がいらっしゃるなんて、
本当にびっくりしました。

ちなみに、私はディーノも大好きです!

投稿: Katsu | 2007年3月16日 (金曜日) 午前 09時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60244/14276650

この記事へのトラックバック一覧です: 小さなフェラーリ、ASA:

« SPARCO シフトノブとペダルエクステンション | トップページ | ASAのオルタネータ点検 »