« アルピーヌのブレーキキャリパー | トップページ | ウィリアムズのドアミラー交換 »

2007年1月18日 (木曜日)

エグザンティアのサスアームベアリング交換

Dsc09317a
シトロエン エグザンティア アクティバ ターボCTです。
リアサスアームのベアリングを交換します。
Dsc09321
サスアームベアリングはトレーリングアームの根元にあります。交換するため、トレーリングアームをはずします。
Dsc09322
サスアームがはずれました。
Dsc09327_1
サスアームの根元に入っているベアリングをはずします。
はずしたベアリングに特に悪いところはなさそうですが、走行距離も多いので、新しいベアリングに交換します。
Dsc09330
新しい部品です。ベアリングやベアリングシールなどすべて交換します。
Dsc09337
ベアリングが組み上がりました。これを車体に取り付けします。
ガタがある場合は、シム調整が必要です。
Dsc09347
反対側も同じように作業します。
Dsc09343
アクティバの場合、アクティブコントロールラムが付いているので、ちょっと面倒です。

両側のベアリングを交換してアームを取り付けしたら、車高を確認してブレーキのエア抜きをして終了です。

さて、次は車検中のシトロエン CX プレスティージュです。
Dsc09368_1
エンジンオイルを交換します。
Dsc09372
新しいオイルを補充中。これで車検はほぼ終了です。
Dsc09373
夜はまた出張作業です。
昨日、オーバーホールしたブレーキキャリパーを組み付けに来ました。車はルノー アルピーヌ A110 1300Gです。
Dsc09375
組み付けして、ブレーキのエア抜きをします。ブレーキの引きずりがないか確認します。
Dsc09380
リジットラックから下ろして作業終了です。
今日も遅くなってしまいました。

|

« アルピーヌのブレーキキャリパー | トップページ | ウィリアムズのドアミラー交換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60244/13576289

この記事へのトラックバック一覧です: エグザンティアのサスアームベアリング交換:

« アルピーヌのブレーキキャリパー | トップページ | ウィリアムズのドアミラー交換 »