« PEUGEOT 106 エアメディック | トップページ | FIAT PUNTO ブレーキローター&パッド交換 »

2006年12月22日 (金曜日)

PEUGEOT 106 エンジン不調点検

Dsc08735a
プジョー 106 S16のエンジン不調の点検をしました。
実は先週からすでに修理入庫していたクルマです。忙しくて手が回らず点検できないでいました。
Dsc08737_1
エンジンは掛かって回転もスムーズですが、いまいちパンチがありません。シリンダーヘッドガスケットからもオイル漏れしているような形跡があります。
点検してみると、エンジンオイルの量がレベルゲージの上限を超えています。おかしいです。エンジンオイルは先週交換したばかりです。減ることはあっても増えることは考えられません。
Dsc08738
オイルフィラーキャップをあけてみると、ものすごくガソリン臭いです。
ガソリンがエンジンブロック内に流れ込んだのでしょうか?もしそうなら、オイル量が増えたのもガソリンの臭いがするのも説明がつきます。
Dsc08740
スパークプラグは思ったほど濡れていません。
Dsc08744
インジェクターを点検してみましょう。インジェクターはインマニに包み込まれるように隠れています。
Dsc08746_1
インジェクターをはずしました。燃圧を掛けてみましたが、ガソリンが垂れ流しになっているようなことはありません。あれ?予想がはずれたかな?

他のクルマの修理もあります。とりあえず、今日のところはここまで。
これはもうちょっと頭を使わなくてはいけませんね。

|

« PEUGEOT 106 エアメディック | トップページ | FIAT PUNTO ブレーキローター&パッド交換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60244/13163502

この記事へのトラックバック一覧です: PEUGEOT 106 エンジン不調点検:

« PEUGEOT 106 エアメディック | トップページ | FIAT PUNTO ブレーキローター&パッド交換 »