« CITROEN SAXO エンジンオイル交換 | トップページ | PEUGEOT 106 エアコンスイッチ移設 »

2006年12月23日 (土曜日)

PEUGEOT 106 インパネベゼル交換

Dsc08777
プジョー 106 ラリーのインパネベゼルが割れているので交換します。
同時にエアコンスイッチが不調なので、スイッチを交換して移設します。
Dsc08776
ステレオをはずすついでにラジオが入らないのも点検しましょう。
と思ったらアンテナのコネクタが壊れてしまっています。これではラジオが受信できません。あとで修理することにしましょう。
左下、エアコンスイッチ近辺が割れているのがわかります。
Dsc08781
吹き出し口がなかなかはずれないと思っていたら、テープで固定されていました。本当は蛇腹ダクトで繋がっているところです。純正部品を使えばいいのに…。
このクルマにエアコンを付けた人は苦労したんでしょう。というか、あとで組み付けるときに自分も同じ苦労をするのかな。
Dsc08786
あと一本裏側から止まっているビスが取れません。助手席側のカバーをはずして裏側へアクセスします。
と思ったんですが、エアコンのユニットがぎっしり詰まっていて手が入るスペースがありません。
これはダッシュボードをはずすしかないかな。
Dsc08794
ということで、ダッシュボードをはずしました。
Dsc08796a
ダッシュボードの裏側です。これです。このビスがはずせませんでした。
Dsc08797
ダッシュボードをはずしてしまえば、インパネベゼルも簡単に交換できます。
インパネベゼルを交換して、ダッシュボードを取り付けしていきましょう。
続きはまた明日。

|

« CITROEN SAXO エンジンオイル交換 | トップページ | PEUGEOT 106 エアコンスイッチ移設 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60244/13180405

この記事へのトラックバック一覧です: PEUGEOT 106 インパネベゼル交換:

« CITROEN SAXO エンジンオイル交換 | トップページ | PEUGEOT 106 エアコンスイッチ移設 »