« SAAB 900 ウィンドウウォッシャー修理 | トップページ | AUDI A2 厄介な故障 »

2006年11月19日 (日曜日)

RENAULT TWINGO オールペン

先日行われたラテンフェスタでエントラントの皆さんを驚かせるために、極秘で作業していましたルノー トゥインゴの全塗装の様子をご紹介したいと思います。レースカーへ変貌していく姿をご覧ください。
Dsc09570_1
塗装の準備のため、ヘッドランプやボンネットがはずされたトゥインゴです。
作業場所はBSEさんの工場の裏です。経費節減のため自家塗装です。
Dsc09593
ペーパー掛けして下地を作っていきます。
Dsc09599
ボディー全体にペーパーが当てられて真っ白です。
この時点でラテンフェスタ決勝9日前。間に合うのでしょうか。
Dsc09676
ラテンフェスタ5日前。マスキングしてボディーが水色に塗られました。
Dsc09686
さらに黄色を塗り重ねるので、マスキングしてペーパーを当てます。
Dsc09696
黄色をスプレー。日が暮れて暗闇の中での作業です。自分で乗るクルマなので何でもありです(笑)
Dsc09711
マスキングをはがしてクリアーを噴きつけます。写真で見ると、まあまあ艶があるように見えます(笑)
Dsc09726
カッティングシートも自家製です。スポンサーさんのロゴを用意します。
Dsc09741
ラテンフェスタ3日前。カッティングシートの貼り付け作業をしていきます。
だんだんとレーシングカーらしくなってきました。
Dsc09764
ラテンフェスタ2日前。まだタイヤがノーマルタイヤのままですが、ボディーの方はほぼ完成です。何とか間に合いました。
Imgp0892
ラテンフェスタ当日。
YZサーキットを走る生まれ変わったBSEカプリコトゥインゴの雄姿。
自家塗装なので現物は“アレ”ですが、写真写りはとっても良いです。
Imgp0141
別の角度から。
カラーリングの元ネタはクリオ スーパー1600ラリーカーのパクリですが、トゥインゴもこうするとなかなかかっこよいと思いませんか?

これで優勝できたらなおかっこよかったんですけどねぇ…(苦笑)
それは次回のラテンフェスタで頑張るとして、今回はボディーモディファイのお話でした。

|

« SAAB 900 ウィンドウウォッシャー修理 | トップページ | AUDI A2 厄介な故障 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60244/12753038

この記事へのトラックバック一覧です: RENAULT TWINGO オールペン:

« SAAB 900 ウィンドウウォッシャー修理 | トップページ | AUDI A2 厄介な故障 »