« CITROEN SAXO SEVラジエター取り付け | トップページ | PEUGEOT 106 クラッチ交換 »

2006年11月15日 (水曜日)

FIAT 500 ヘッドランプスイッチ点検

Dsc09940a
フィアット チンクェチェントがヘッドランプ切り替えスイッチの不良で入庫しました。
Dsc09942
スモール→すれ違いビーム→ハイビームと三段階切り替えできるはずのスイッチが二段階しか動かずハイビームを点灯することが出来ません。
点検のため分解していきます。
Dsc09963
スイッチを分解して掃除したら何とか動くようになりました。
今回は部品を交換せず、スイッチを元に戻して様子を見てもらうことにします。
Dsc09966
はずした配線を元通りに接続していきます。
配線は一本ずつギボシになっています。今時のクルマだったらここは集中カプラになっているでしょう。
Dsc09970
元通りに戻したら、ライトの点灯確認をします。
ピンボケ写真ですが、ハイビームインジケーターが点灯しているのがわかるでしょうか。

何とか大丈夫そうです。また同じ症状が発生したら、今度はスイッチ交換です。

|

« CITROEN SAXO SEVラジエター取り付け | トップページ | PEUGEOT 106 クラッチ交換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60244/12703819

この記事へのトラックバック一覧です: FIAT 500 ヘッドランプスイッチ点検:

« CITROEN SAXO SEVラジエター取り付け | トップページ | PEUGEOT 106 クラッチ交換 »