« 臨時休業のお知らせ | トップページ | FERRARI 308 ホイールばらし »

2006年11月21日 (火曜日)

CITROEN XANTIA スターターモーター交換

Dsc00142
シトロエン エグザンティア SXのエンジンが掛からなくなり、ロードサービスの積載車に載せられて入庫しました。イグニッションキーを回しても、スターターモーターがカチッと言うだけで回ってくれません。
Dsc00146
どうやらスターターモーターが壊れてしまっているようです。はずして点検してみることにします。
Dsc00149
スターターモーターをはずすには周りの部品をいろいろはずさなくてはいけません。スターターモーターは丸見えなのに、固定ボルトは影に隠れているのです。
配線・配管を固定しているこのプラスチックのカバーをはずすのがとても面倒です。
Dsc00151
カバーがはずれました。ボルトが見えるようになって、これでやっとスターターモーターがはずせます。
Dsc00154
スターターモーターがはずれました。
Dsc00157
はずしたスターターモーターをテストしてみましょう。
バッテリーを繋いでみると、ピニオンは飛び出すもののモーターは回ろうとしません。
マグネットスイッチはOKですが、モーターがダメになってしまっているようです。
Dsc00172
モーターを分解してみたところ、中はこのような状態になっていました。
フィールドのマグネットがはずれてしまい、粉々に砕けてしまっています。ケース内もアーマチュアも、砕けた磁石の粉が引っ付いて大変なことになってます。
これはもう修復不能です。
Dsc00175
新しいスターターモーターに交換しましょう。
スイッチもクラッチもついたアセンブリパーツです。
Dsc00179
新しいスターターモーターを取り付けして動作チェック。
問題ありません。元気よくスターターモーターが回ります。
あの面倒なプラスチックカバーやはずした部品を元通りに戻していきましょう。

全部元通りに戻してからチェックして、万が一動かなかったら大変です。なるべくやり直しが利く状態でチェックするのが基本です。
Dsc00182
新しいスターターモーターが付いて、元通りに戻りました。
最終チェックをして作業終了です。

|

« 臨時休業のお知らせ | トップページ | FERRARI 308 ホイールばらし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60244/12771224

この記事へのトラックバック一覧です: CITROEN XANTIA スターターモーター交換:

« 臨時休業のお知らせ | トップページ | FERRARI 308 ホイールばらし »