« 雑誌取材に同行しました | トップページ | PEUGEOT 106 エンジンオイル交換 »

2006年10月18日 (水曜日)

CITROEN XANTIA ヒーターコア交換 その2

Dsc08952
シトロエン エグザンティア アクティバ ターボCTのヒーターコア交換作業の続きです。
Dsc08963
ヒーターコアがはずれました。見事にクーラントが漏れた跡がついています。
左側は新品のヒーターコアです。

ヒーターコアというのは、ラジエタークーラントの熱を利用して風を暖める熱交換器です。
Dsc08964
はずした部品に近づいてもっと良く見てみましょう。
これはヒーターコアの上側です。樹脂とアルミがカシメ接続されている部分からクーラントが染み出ていたのがわかります。アルミが腐食して錆びて穴が開いたわけではないということです。
Dsc08966
下側です。上から流れてきたクーラントが乾いて固まっています。
ここをブロワの風が通過するわけですから、室内にクーラントのにおいがするわけです。

「室内がクーラント臭い」「下に漏れた形跡がないのに、なぜかラジエタークーラントがよく減る」
といった車両は、ヒーターコアを要チェックです。

あと、エアコンを使用しているのに、窓ガラスの曇りが取れないといった車両もヒーターコアを要チェックです。
なぜなら、ヒーターコアからクーラントが漏れていると、せっかくエアコンで除湿された風がヒーターコアを通過することにより湿気を帯びてしまうからです。“湿気=くもり”です。
Dsc08959
ヒーターケースの中です。漏れ出たクーラントがカビカビになっています。
せっかくなので、これはヒーターコアを取り付けする前にきれいに掃除をします。

ラジエター漏れ止め剤を入れて仮に漏れが止まったとしても、汚れはきれいになりません。
漏れ止め剤は応急処置であって、修理ではありません。構造やリスクをよく理解してから使用しましょう。
Dsc08969
ヒーターケースにヒーターコアを挿入し、あとはひたすらはずした部品を元通りに戻していきます。

ヒーターコアを交換したいだけなのに、ダッシュボードをはずす必要があってなかなか大掛かりな作業です。
Dsc08978
エンジンルーム側からヒーターコアのホース接続部分が見えます。
エンジンを通過して温まったクーラントは、ヒーターコアを通過してラジエターに戻ります。

この仕組みを理解していると、万が一クーリングファンが壊れてしまっても、応急処置でヒーターを作動させてオーバーヒートを防ぐことが出来ます。
Dsc08985
今日の作業はここまで。他にもやることが多くてなかなか作業が進みません。
ダッシュボードが付く頃にはきっとアクティブシリンダーも入荷するでしょう。早く完成させなくちゃいけません。


今回はちょっとヒントを書きすぎました。
あんまり能書きが多いと読みにくいですかね。

|

« 雑誌取材に同行しました | トップページ | PEUGEOT 106 エンジンオイル交換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60244/12348209

この記事へのトラックバック一覧です: CITROEN XANTIA ヒーターコア交換 その2:

« 雑誌取材に同行しました | トップページ | PEUGEOT 106 エンジンオイル交換 »