« RENAULT LUTECIA ステアリング交換 | トップページ | スロットカーコース使用料 価格改定のお知らせ »

2006年8月27日 (日曜日)

CITROEN XANTIA LHMオイル漏れ修理

Dsc07281
ふと気が付くと、車検を終えたばかりのシトロエン エグザンティア アクティバ ターボCTの下に、LHMオイルの池が出来ていました。これは間違いなくLHM漏れです。
Dsc07400
リフトアップして調べてみると、リアのサブフレーム近辺がオイルでベタベタになっていました。
漏れ出したのが、陸運支局の検査ラインじゃなくてよかった。
Dsc07401
さらに原因を突き詰めていくと、サブフレーム上側にあるLHMリターンの4ウェイユニオンが劣化して割れているのを発見しました。
これは部品を交換するしか修理する方法がありません。
Dsc07417
しかし、4ウェイユニオンはアクティバのみに使用されているパーツで、交換したくてもすぐに部品が入手できません。
普通のエグザンティアは3ウェイユニオンですが、アクティバはアクティブ制御用のパワーシリンダーのリターンホースが増える分、1本多くなって4ウェイなのです。
3ウェイユニオンならすぐに部品が用意できるので、3ウェイユニオンを2つ使って写真のようにつなげ、間に合わせで4ウェイユニオンを作ることにしました。
Dsc07420
パイプの太さに違いがあるので、3ウェイユニオンの向きを考慮して取り付ける必要がありますが、無事4本のリターンパイプがつながりました。
サブフレームの裏側なのでちょっと作業しにくいのが難点です。

はずした部品を元に戻し、車高を上下させながらLHMオイル漏れが無いか何度もチェック。漏れは無く、どうやらうまくいったようです。
不動車で部品待ちにならずに済んでよかったです。

|

« RENAULT LUTECIA ステアリング交換 | トップページ | スロットカーコース使用料 価格改定のお知らせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60244/11635397

この記事へのトラックバック一覧です: CITROEN XANTIA LHMオイル漏れ修理:

« RENAULT LUTECIA ステアリング交換 | トップページ | スロットカーコース使用料 価格改定のお知らせ »