« CITROEN XANTIA リアマフラー交換 | トップページ | CITROEN XANTIA ブレーキホース交換 »

2006年8月21日 (月曜日)

CITROEN XANTIA 車検整備

Dsc07154
シトロエン エグザンティア アクティバ ターボCTが車検整備で入庫しました。
Dsc07166
フロントのアクティブスフェアを交換しようとしたら、スフェアが爆発!LHMオイルまみれになってしまいました。
スフェアがパンクしていると、圧力が抜ききらないので、時々こうなることがあります。気をつけましょう。
Dsc07173
無事に新しいアクティブスフェアがつきました。
Dsc07175
リアのアクティブスフェアも交換します。写真に4つ写っているスフェアの内、左から2番目がアクティブスフェアです。
Dsc07177
リアアクティブスフェアがはずれました。フロントはパイプシールですが、リアはアキュームシール(Oリング)です。
Dsc07179
リアアクティブスフェアがつきました。
アクティブスフェアはその名のとおり、アクティブサスペンションの制御用のスフェアです。積極的にロールを抑える役目をしています。
Dsc07181
LHMタンクシールを交換します。
タンクシールが劣化すると、LHMオイルがにじみ出てしまい、いつもタンク上面が湿った状態になります。
Dsc07184
タンクユニットをはずしたついでに、フィルターをはずして清掃します。
フィルターはインテーク用とフィードバック用の2つがあります。
LHMオイルは、フィルターを通過してポンプへ吸い上げられ、タンクに戻るときにもう一つのフィルターを通過しています。
Dsc07188
新旧のタンクシールです。
Dsc07190
新しいタンクシールが組みつけられました。これでLHMオイルのにじみもなくなります。

長くなるのでここで区切ります。

|

« CITROEN XANTIA リアマフラー交換 | トップページ | CITROEN XANTIA ブレーキホース交換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60244/11549261

この記事へのトラックバック一覧です: CITROEN XANTIA 車検整備:

« CITROEN XANTIA リアマフラー交換 | トップページ | CITROEN XANTIA ブレーキホース交換 »