« CITROEN XSARA パワステラックブーツ交換 | トップページ | 臨時休業のお知らせ »

2006年7月25日 (火曜日)

CITROEN XSARA ショックアブソーバー交換

Dsc06351
継続車検整備中のシトロエン クサラ ブレーク エクスクルーシブの続きです。
モンローのショックアブソーバーに交換します。
Dsc06364
まずはフロントから。
足回りを分解していきます。
Dsc06369
アブソーバーがはずれました。ブログ上だとあっという間ですね。
Dsc06371
純正のショックアブソーバーには”PEUGEOT”の刻印が。これはPSA内製です。
いや、”PEUGEOT”が生産して”CITROEN”に納品してるんでしょうか?
Dsc06378
スプリングを組み替えたアブソーバーを車両に取り付けします。
写真は左側ですが、もちろん右側も同じように交換です。
Dsc06380
リアのショックアブソーバーも交換します。
これは右リアのノーマルショックアブソーバーです。
Dsc06385
アブソーバーがはずれました。このクルマの場合、トーションバーをいじってノーマルよりも車高が上げられているので、通常状態よりも若干作業がしにくいです。
Dsc06386
いつもの新旧パーツ比較です。
何気ないことですが、新旧のパーツを見比べることによって、間違った部品を組み付けたりするのを未然に防ぐことが出来ます。
Dsc06389
モンロー製の新しいショックアブソーバーを取り付けます。
アブソーバーの隣に見えるスプリングは、プロポーショニングバルブにリアの車高を伝える役目をしています。プロポーショニングバルブは、車高(つまり積載量)の変化でリアブレーキの制動力を調整します。
Dsc06393
左リアはマフラーが邪魔で作業しにくいです。
Dsc06396
マフラーははずさなくても何とかなりましたが、遮熱板ははずさないとボルトを抜くことが出来ませんでした。
Dsc06405
アブソーバーが付きました。写真は右リアです。
Dsc06409
フロントのアブソーバー交換時にドライブシャフトを外しているので、忘れないようにギアオイルを補充します。このクルマは5速マニュアル車です。

試運転して異音が発生していないかなどをチェックして作業終了です。

モンローのショックアブソーバーについては、下記URLを参照ください。
http://www.tenneco.co.jp/index.html

|

« CITROEN XSARA パワステラックブーツ交換 | トップページ | 臨時休業のお知らせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60244/11101209

この記事へのトラックバック一覧です: CITROEN XSARA ショックアブソーバー交換:

« CITROEN XSARA パワステラックブーツ交換 | トップページ | 臨時休業のお知らせ »