« auto-caprico.com メンテナンスのお知らせ | トップページ | CITROEN CX エアコンコンプレッサー取り外し »

2006年7月14日 (金曜日)

CITROEN SM オイルクーラー交換

Dsc06021a
シトロエン SMがエンジンオイル、ギアオイル、フューエルストレーナーの交換などで入庫しました。
Dsc06018
早速リフトアップして作業開始です。
エンジンオイルを抜いているところです。大きなドレンホールです。
Dsc06025a
ギアオイルの注入口はフロントのカバーをはずさないとアクセスできません。
バンパーから下のパネルをはずしました。
以前からオイル漏れがあったということで、パネルをはずしたついでに、オイルクーラーを点検したところ、やはりオイルクーラーからエンジンオイルが漏れた形跡がありました。
Dsc06031
オイルクーラーの在庫があったので、急遽、オイルクーラーを交換することになりました。
Dsc06032
新旧のオイルクーラーです。形状はまったく同じですが、新しいほうは黒い塗装が施してあります。
Dsc06033
新しいオイルクーラーの取り付け作業中です。
オイルホースを接続、エンジンオイルを補充してオイル漏れがないか点検します。
Dsc06036
と、その前に、フューエルストレーナーを交換。
エンジンを掛けてしまうと、燃圧が上がってしまいます。
Dsc06040
エンジンオイルの補充中です。
Dsc06047
エンジンを掛けて、オイル漏れがないかチェック。
問題ないようなので、ダクトを取り付けしました。
Dsc06038
エンジン停止後、再度エンジンオイル量をチェック。オイルクーラーのラインのオイルも抜けたので、いつもより余分にオイルが入りました。
Dsc06051
やっとギアオイル交換です。
Dsc06061
ギアオイル補充中。右のブレーキダクトをはずして、ミッションケース右側にアクセスします。
フィラーホールが小さいので、オイルを補充するのに時間が掛かります。狭くて油まみれになるので大変です。
Dsc06062
ギアオイルを補充して、ブレーキダクトを元通りに取り付けしました。
Dsc06063
フロントバンパー下のパネルを元通りに取り付け。
作業終了です。

”エンジニアの夢は、メカニックの悪夢だ”とは、SMを評した某自動車ジャーナリストの言葉です。
メカニックをしていると、身をもって体験できます。

|

« auto-caprico.com メンテナンスのお知らせ | トップページ | CITROEN CX エアコンコンプレッサー取り外し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60244/10945269

この記事へのトラックバック一覧です: CITROEN SM オイルクーラー交換 :

« auto-caprico.com メンテナンスのお知らせ | トップページ | CITROEN CX エアコンコンプレッサー取り外し »