« PEUGEOT 106 オルタネーター点検 | トップページ | AUDI A2 サイドブレーキ点検 »

2006年6月21日 (水曜日)

AUDI A2 エアコン修理

Dsc05223a
エアコン修理で入庫中のアウディ A2の修理がやっと終わりました。
Dsc05240
エアコン不調の原因は、コンプレッサーの中にあるこのソレノイドバルブでした。
このソレノイドバルブ、他の車種でも使われていますが、聞いたところによると同様のトラブルがいくつかあるようです。
Dsc05242
点検のために分解されたコンプレッサーです。シリンダー内壁には無数の傷がはいっています。
ご覧のとおり大手国産メーカー製、はっきりと”MADE IN JAPAN”と書いてあるのがわかります。
Dsc05237
左上に移っているのがエアコンリキッドタンク(レシーバドライヤー)。並行車のため、今回この部品の入荷に時間が掛かってしまいました。
今回、直接の原因はコンプレッサーなので絶対に交換をする必要はないのですが、コンプレッサーの中の状況から再発防止のためにも交換することになりました。エアコンの仕組みをご存知の方なら、その理由もわかるはず。
Dsc05229
エアコンの吹き出し口温度は14℃以下。しっかり冷風が出ています。
部品入荷の待ち時間が長かったですが、やっと修理が完了しました。

|

« PEUGEOT 106 オルタネーター点検 | トップページ | AUDI A2 サイドブレーキ点検 »

コメント

このコンプレッサーのパーツに見覚えがあります。

投稿: HIWATTS/N | 2006年6月22日 (木曜日) 午後 10時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60244/10627365

この記事へのトラックバック一覧です: AUDI A2 エアコン修理:

« PEUGEOT 106 オルタネーター点検 | トップページ | AUDI A2 サイドブレーキ点検 »