« CITROEN HBOX エンジンオイル交換 | トップページ | 臨時休業のお知らせ »

2006年6月15日 (木曜日)

CITROEN XANTIA PSバルブO/H

Dsc05003
シトロエン エグザンティア V-SX 16VがLHMオイル漏れの修理で入庫しました。
Dsc04972
パワーステアリングのコントロールバルブからLHMオイルが漏れているので、コントロールバルブをはずしてオーバーホールします。
Dsc04978
パワステ コントロールバルブをはずすために、バルブにつながっているオイルパイプをはずしていきます。
パイプをはずすとLHMが溢れ出てくるので作業しにくいです。
Dsc04984
パワステ コントロールバルブとパワーシリンダーをつないでいるオイルパイプがはずれました。パイプは2本あります。
Dsc04990
これがパワステ コントロールバルブです。
ステアリングシャフトの回転をステアリングラックに伝えると同時に、パワーシリンダーに掛かるLHMの油圧を制御しています。
Dsc04994
専用ツールを使い、コントロールバルブを分解して、オイルシールとOリングなどを交換します。
Dsc04998
オーバーホールが完了しました。
過走行の場合は、オーバーホールするよりもコントロールバルブをアセンブリ交換してしまったほうが良い様に思いますが、今回はアセンブリ交換せずにオーバーホールして様子を見ることにします。
Dsc05010
オーバーホールしたコントロールバルブが付きました。裏側の遮熱板も忘れずに取付けし、ステアリングセンターを確認します。
Dsc05014
LHMの補充も忘れてはいけません。

パワーアシストが正常に効いているか、オイル漏れしていないかなどを確認して作業終了です。

|

« CITROEN HBOX エンジンオイル交換 | トップページ | 臨時休業のお知らせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60244/10543440

この記事へのトラックバック一覧です: CITROEN XANTIA PSバルブO/H:

« CITROEN HBOX エンジンオイル交換 | トップページ | 臨時休業のお知らせ »