« PEUGEOT 306 デジタル時計照明球交換 | トップページ | CITROEN C5 クーラント漏れ入庫 »

2006年5月 5日 (金曜日)

RENAULT 21 ターボトラブル

ルノー 21 ターボがマフラーから白煙が出るトラブルで入庫しました。
Dsc03184a
エンジンを掛けると、白煙がモクモク。何らかのトラブルを抱えているのは一目瞭然です。
Dsc03189
エンジンオイルが減るということなので、白煙の原因は燃えたエンジンオイルのようです。
点検してみると、ターボにガタが発生していました。
Dsc03194
タービンのハウジングの中はオイルでベトベトになっています。
ターボにガタできてベアリング潤滑用のオイルが中に漏れ、それが燃えて白煙になっているようです。
Dsc03199
ターボの交換、またはオーバーホールをするため、ターボをはずしました。
ターボのはずされたエンジンです。
Dsc03197
こちらがエンジンからはずしたターボユニット。
連休明けに、ターボの修理業者さんに連絡を取って修理見積もりを出し、ユーザーさんと修理方法をどうするか方針を決めます。

|

« PEUGEOT 306 デジタル時計照明球交換 | トップページ | CITROEN C5 クーラント漏れ入庫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60244/9918070

この記事へのトラックバック一覧です: RENAULT 21 ターボトラブル:

« PEUGEOT 306 デジタル時計照明球交換 | トップページ | CITROEN C5 クーラント漏れ入庫 »