« PEUGEOT 106 リサーキュレーションモーター点検 | トップページ | セーフティータンク、EARL’Sパーツ入荷 »

2006年5月10日 (水曜日)

CITROEN XANTIA リアハブベアリング交換

Dsc03340
走行中に異音が発生するシトロエン エグザンティア ブレークのリア ハブを点検しました。
Dsc03352
ハブをはずすために、ブレーキ周りから分解していきます。
Dsc03353
ディスクローターがはずれました。対向ピストンキャリパーも分割されています。
Dsc03358
ハブがはずれました。ハブをはずすと、ハブベアリングは分解されてしまいます。
Dsc03361
スイベルに残ったハブベアリングの部品をよく見てみると… 無数の傷が入って削れてしまっています!
これではベアリングの動きが悪く、異音が発生して当然です。
Dsc03366
ハブベアリングを交換します。一目でわかりますが、左がはずした古いハブベアリング、右が新品のハブベアリングです。
Dsc03371
サスアームに新しいハブベアリングが付きました。
Dsc03374
ローター、キャリパー、ブレーキパッドなどが元通りに組み付きました。
Dsc03386
反対側も同じように交換し、ブレーキのエア抜きをして完成です。

これで異音の発生源はなくなりました。


|

« PEUGEOT 106 リサーキュレーションモーター点検 | トップページ | セーフティータンク、EARL’Sパーツ入荷 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60244/10012572

この記事へのトラックバック一覧です: CITROEN XANTIA リアハブベアリング交換:

« PEUGEOT 106 リサーキュレーションモーター点検 | トップページ | セーフティータンク、EARL’Sパーツ入荷 »