« CITROEN TOTAL ステッカー | トップページ | PEUGEOT 106 リサーキュレーションモーター点検 »

2006年5月 9日 (火曜日)

CITROEN C5 ウォーターポンプ交換

Dsc03272
クーラント漏れで入庫していたシトロエン C5 2.0のウォーターポンプを交換しました。
Dsc03274
リフトアップして、ドライブベルト、クランクプーリーなどの部品をはずしていきます。
Dsc03276
タイミングベルトのカバーがはずれ、ウォーターポンプが見えました。
ウォーターポンプのベアリング部分からクーラントが漏れているのがわかります。
Dsc03283
上側のカバーもはずれています。
バルブタイミングを間違えないようタイミングベルトにマーキングしてあります。
Dsc03284
ウォーターポンプをはずすので、クーラントを抜いてます。
Dsc03295
テンショナーを緩めて、タイミングベルトをはずします。
Dsc03298
ウォーターポンプがはずれました。
Dsc03303
新旧のウォーターポンプです。
Dsc03301
今回はタイミングベルトとテンショナー類も同時に交換します。
Dsc03309
新しいウォーターポンプが付きました。
Dsc03312
アイドラー、テンショナーとタイミングベルトが付きました。
タイミングベルトの張り具合を調整して、テンショナーを固定します。
Dsc03327
バルブタイミングのチェックをして、はずした部品を元通りに組んでいきます。
クーラントを補充し、クーリングシステムのエア抜きを実施。クーラントは純正クーラントで、濃度は100%指定です。メーカーでは水の混入を禁止しています。
Dsc03331
最後にもう一度クーラントが漏れていないかウォーターポンプをチェック。当たり前ですが、クーラントは漏れていないようです。

|

« CITROEN TOTAL ステッカー | トップページ | PEUGEOT 106 リサーキュレーションモーター点検 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60244/9993936

この記事へのトラックバック一覧です: CITROEN C5 ウォーターポンプ交換:

« CITROEN TOTAL ステッカー | トップページ | PEUGEOT 106 リサーキュレーションモーター点検 »